🏠
🌡️ 📆 令和5年3月26日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 有機電解による生体材料金属の粗面化(RSP事業)

⇒#312@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


むっしー1)
にら2)

1.新技術の概要
 1.1 育成試験の内容
 生体内で使う材料として、強い耐食性を有し、かつ表面皮膜が電子絶縁性であって生体適合性が期待される金属にタンタルやニオブがある。生体組織との密着性を向上させるにあたり、その表面をエンボス加工することは有効であるが、その耐食性のために電解エッチングは行えないと考えられてきた。そこで、生体内で使う材料として、強い耐食性を有するタンタルやニオブを、有機電解液を使うことで電解エッチングし、表面をエンボス加工する。

 1.2 工業所有権
期間中(平成14年11月9日~平成15年3月20日)に出願した特許はなし。
番号 発明(考案)の名称 発明者 出願人 備 考

2.実施期間
    平成 14 年 11 月 9 日~平成 15 年 3 月 20 日

3.実施場所
  山形大学工学部
  所在地:山形県米沢市城南4丁目3-16

◆2002(平成14)年度ノート3)



◆2002(平成14)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2002).

(1種々の電解条件下における非水溶液中のニオブのエッチング制御
武蔵 信之, 卒業論文, (2002).
(2有機電解液を用いた生体材料金属の電解エッチング法の開発
韮澤 祐司, 卒業論文, (2002).
(3◆2002(平成14)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2002).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=312


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.