🏠
🌡️ 📆 令和5年12月7日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【論文】たちばな;導電付与材、集電体&電解液の効果

⇒#1254@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#論文

【論文】集電体

約 松木健三、立…らは、1999年にLiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果について報告し、リチウムイオン二次電池の正極活物質であるマンガン酸リチウム1)系の電池反応において導電付与材、集電体&電解液がどのような影響をおよぼすか検討した2)。 【関連…と述べている3)。

【関連講義】
LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果(1999)4)
卒業研究(C1-電気化学2004~),集電体|電解液(界面)5)
卒業研究(C1-電気化学2004~),電池性能と合材スラリー6)



正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).

結果と考 > è«–文・報 > LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果(1999),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

結果と考 > è€ƒå¯Ÿã¨è¨Ž > é›»æ¥µã«å†… > é›†é›»ä½“|電解液(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

結果と考 > æ›¸ç±ç­‰ > ï¼¬ï½‰é›»æ¥µ > ç¬¬ï¼™ç¯€ã€€ > é›»æ± æ€§èƒ½ã¨åˆæã‚¹ãƒ©ãƒªãƒ¼,第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1マンガン酸リチウムLiMn2O4, FW = 180.8146 g/mol, (化学種).
(2正極に LiMn2O4 を用いたリチウム二次電池の充放電挙動-集電体と電解液の組み合わせの影響-
○片倉英至,立花和宏,第38回電池討論会講演要旨集 (1997).
(3LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果
松木健三、立花和宏, マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42, (1999).
(4結果と考 > è«–文・報 > LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果(1999),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(5結果と考 > è€ƒå¯Ÿã¨è¨Ž > é›»æ¥µã«å†… > é›†é›»ä½“|電解液(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(6結果と考 > æ›¸ç±ç­‰ > ï¼¬ï½‰é›»æ¥µ > ç¬¬ï¼™ç¯€ã€€ > é›»æ± æ€§èƒ½ã¨åˆæã‚¹ãƒ©ãƒªãƒ¼,第9節 電極材料の塗布・乾燥プロセスと電極評価、電池性能評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

表   1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
1994 R-24 H6 S69 T83 M127
1995 R-23 H7 S70 T84 M128
1996 R-22 H8 S71 T85 M129
1997 R-21 H9 S72 T86 M130
1998 R-20 H10 S73 T87 M131
1999 R-19 H11 S74 T88 M132
2000 R-18 H12 S75 T89 M133
2001 R-17 H13 S76 T90 M134
2002 R-16 H14 S77 T91 M135
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
*

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1254

🎄🎂🌃🕯🎉
山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.