🏠
🌡️ 📆 令和6年7月21日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 山形大学のeduroamシステムの概要

⇒#1190@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

https://upki.yamagata-u.ac.jp/eduroam/
#🗒️👨‍🏫eduroam#🗒️👨‍🏫SSL#🗒️👨‍🏫VPN#🗒️👨‍🏫802.1x#🗒️👨‍🏫Radius#🗒️👨‍🏫AD#🗒️👨‍🏫IAS#🗒️👨‍🏫IPv6#🗒️👨‍🏫無線LAN

山形大学のeduroamシステムの概要

1. 認証トークンは、新規に構築するRadius プロキシを経由して、ADのIASで認証する。
2. PEAP およびTTLSのSSLセッションはRadius プロキシで完結。(SSL証明書の管理コストの削減のため)
3. 無線APは、
ESSID: eduroam
暗号: WPA-AES またはWPA2-AES
認証: EAP-PEAP またはEAP-TTLS、MS-CHAPv2
とする。
4. IPv6の無線LAN運用試験系。
→ 802.1x認証なので、Web認証などが不要。
5. eduroam接続時の学外接続回線は、商用ISPを経由することにより、外部機関利用者の山形大学の契約電子ジャーナルなどの利用不可とし、かつ、外部機関利用者の利便性を確保する。山形大学の利用者は、eduroam専用VPN接続で電子ジャーナルを閲覧可能にする。
6. VPNオンリーの参加機関でのネットワーク利用を可能にするため、電子ジャーナルのVPN経由による利用に関する情報を出版社に調査し、解決策を検討。
7.クライアントPCに配布するIPアドレスは、プライベートIP(IPv4)およびグローバルスコープアドレス(IPv6)を自動配布する。

【関連資料】
・【実証実験】大学間無線LANローミングプロジェクト「eduroam」運用試験1)
・サイバーキャンパス「鷹山」,山形大学のeduroamの使い方2)



【実証実験】大学間無線LANローミングプロジェクト「eduroam」運用試験
伊藤智博, 研究ノート, (2008).

高等学校 > é«˜æ ¡å…¬æ°‘ > æ”¿æ²»ãƒ»çµŒ > ç‹¬ç«‹è¡Œæ”¿ > å¤§å­¦å…±åŒ > å›½ç«‹æƒ…å ± > å¤§å­¦é–“ç„¡ > å±±å½¢å¤§å­¦ã®eduroamの使い方,大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam)
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

(1【実証実験】大学間無線LANローミングプロジェクト「eduroam」運用試験
伊藤智博, 研究ノート, (2008).
(2高等学校 > é«˜æ ¡å…¬æ°‘ > æ”¿æ²»ãƒ»çµŒ > ç‹¬ç«‹è¡Œæ”¿ > å¤§å­¦å…±åŒ > å›½ç«‹æƒ…å ± > å¤§å­¦é–“ç„¡ > å±±å½¢å¤§å­¦ã®eduroamの使い方,大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam)
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

表   1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
2014 R-4 H26 S89 T103 M147
*

◇ 参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1190
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 : 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.