HOME 教育状況公表 本日
⇒#110@研究ノート;

イオン性液体中でのアルミニウムの不働態化について

日時
関係者


イオン性液体1)2)でのアルミニウム不働態化について
BF入ると高電場機構3)バリア皮膜生成します4)
良樹5)らが熊本6)で発表しました
良樹らが表面技術協会第112回講演大会で発表7)

いつも大変お世話になっております
山形大学 仁科立花研究室の田中良樹です
イオン性液体提供していただき誠にありがとうございました

なお
[誤]EMI−BFPC溶液[濃度49M]100
  BMI−BFPC溶液[濃度49M]8)100g
こと了解いたしました
またいただいた各種イオン性液体アルゴン置換したグローブボクス中にて保管
いたします

イオン性液体中でのアノード酸化9)
アルミニウム10)



バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明, 電気化学会第72回大会, (2005).

電気化学会第72回大会@熊本県熊本市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

表面技術協会第112回講演大会@石川県金沢市
立花和宏, 研究ノート, (2005).

イオン性液体中でのアノード酸化
立花和宏, 研究ノート, (2005).

アルミニウム
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1BMI-BF4 (イオン性液体)試料.
(2BMI-TFSI (イオン性液体)試料.
(3リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花和宏、佐藤幸裕、仁科辰夫、遠藤孝志、松木健三、小野幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).
(4バルブメタルの非水電解液中における不働態化と表面欠陥
○立花和宏,仁科辰夫,遠藤孝志,田中良樹,木俣光正,楊立,尾形健明, 電気化学会第72回大会, (2005).
(5エネルギー貯蔵デバイスにおけるバルブメタルアノード酸化皮膜の欠陥制御
田中 良樹, 卒業論文, (2006).
(6電気化学会第72回大会@熊本県熊本市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(7表面技術協会第112回講演大会@石川県金沢市
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(8BMI−BF4/PC溶液[濃度2.49M]試料.
(9イオン性液体中でのアノード酸化
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(10アルミニウム
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=110

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.