HOME 教育状況公表 本日
⇒#1095@研究ノート;

【締切】リチウムイオン電池の高速充放電化と最適化

日時
関係者(共同研究者)


締切リチウムイオン電池の高速充放電化と最適化

関連講義
アルミニウム集電体1)
アルミニウム|炭素導電助材2)
導電助材3)
導電助材|導電助材4)
導電助材|活物質界面5)
活物質|電解質界面6)
電解液7)

関連講義
リチウムイオン次電池の高速充放電化と制御技術,リチウムイオン次電池の高速充放電化と制御技術8)
リチウムイオン電池の高速充放電化と最適化,リチウムイオン電池高速充放電化と最適化_9)

関連論文
集電体|導電助材と述べている10)



アルミニウム集電体,集電体
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

導電助材|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

活物質|電解質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

電解液,材料&試料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術,
立花 和宏, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).

リチウムイオン電池の高速充放電化と最適化_,
立花 和宏, リチウムイオン電池の高速, 講義ノート, (2009).

(1アルミニウム集電体,集電体
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(2アルミニウム|炭素導電助材,集電体|導電助材
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(3導電助材,カーボン材料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(4導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(5導電助材|活物質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6活物質|電解質(界面),電極に内在する界面
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(7電解液,材料&試料
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(8リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術,
立花 和宏, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).
(9リチウムイオン電池の高速充放電化と最適化_,
立花 和宏, リチウムイオン電池の高速, 講義ノート, (2009).
(10Effect of Hetero-contacts at Active Material Conductive Additives on Lithium Intercalation/Deintervalation of LiCoO2
Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Takashi Endo, and Kenzo Matsuki, Denki Kagaku, Vo.66, No.12, pp.1248-1252, (1998).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1095

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.