🏠
🌡️ 📆 令和6年4月23日
戻る 進む

🗒️ M1中間発表

⇒#1083@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#🗒️👨‍🏫液晶#🗒️👨‍🏫溶媒#🗒️👨‍🏫ラミネート#🗒️👨‍🏫耐食性#🗒️👨‍🏫漏れ電流

中間発表

炭素導電パス構築のためのLiイオン電池正極スラリー最適化  柳沼雅章

イオン液体使ったリチウム正極活物質LiFePO4,LiMn2O,LiCoO2表面への溶媒分子吸着よる活物質のインピーダンス変化  渡邉貴太

共役系電子吸引基有する非イオン性不純物による液晶材料漏れ電流増加と配向膜劣化の関係 楡木崇仁

ESRによるバルブメタルアノード酸化膜酸素欠陥の評価  高塚知行

ラミネートリチウムイオン次電池用タブリード耐食性に関する研究 粕谷涼


)M1の中間発表の日時場所
日時21 Aグループ1245分~1415Bグループ1425分~1555分の部制
場所号館ゼミゼミつの教室の壁は取り除けます

)M1の中間発表の題目提出
期限114までに添付ファイルに記入の上返信ください

)発表要旨
A版片面上下左右の余白25mm以上

行目論文題目和文
行目指導教員学籍番号氏名
行目論文題目英文
行目~要旨英文50100ード
.緒言,
.実験方法,
.結果と考察,
考論文

)発表要旨の提出場所と提出枚数提出期限
提出場所応用化学科事務室まで
提出枚数原本
提出期限1616時まで

)製本作業
日時19午後30分~
場所号館2307
各研究室から代表者名出席してください

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
2014 R-4 H26 S89 T103 M147
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1083
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.