HOME 教育状況公表 本日
⇒#420@学会;

ポリスチレンスルホン酸の分子配向とアルミ固体電解コンデンサにおける耐電圧の向上性


○大沼 宏臣, 2019年電気化学秋季大会 , 山梨大学甲府キャンパス,
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/2016/tns17545/index.html


学会】ポリスチレンスルホン酸の分子配向とアルミ固体電解コンデンサにおける耐電圧の向上性⇒#420@学会;
ポリスチレンスルホン酸の分子配向とアルミ固体電解コンデンサにおける耐電圧の向上性
○大沼 宏臣,講演要旨集 (2019).


交流インピーダンス法(測定をメインに)1)

ポリスチレンスルホン酸の分子配向とアルミ固体電解コンデンサおける耐電圧の向上性

ポリスチレンスルホン酸(PSS)

 ポリスチレンスルホン酸(空間充填モデルスペースフィリングモデル)
©Copyright 2019 Sekiguchi Masaki all rights reserved.



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=420

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.