ポリスチレンスルホン酸の分子配向とアルミ固体電解コンデンサにおける耐電圧の向上性

山形大学  工学部  化学・バイオ工学科  大沼 宏臣

緒言

関数計算

方法

結果と考察

豊田くんの結果

ESR、NMR、プロトンスポンジ、界面活性剤

白谷くんの結果

高電圧、分子軌道計算

図にエチレングリコールとガンマブチロラクトンの分子軌道を示す。

エチレングリコールの分子軌道
エチレングリコールの分子軌道
PEDOTの分子軌道
PSS

おおぬまくんの結果

図にエチレングリコールのサイクリックボルタモグラムを示す。温度が高いと時間とともに電流が上昇した。

エチレングリコールのサイクリックボルタモグラム

結論

参考文献