HOME 教育状況公表 本日
⇒#808@講義;

0001.1999.  【1999年度(平成11)卒業研究】

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(【1999年度(平成11)卒業研究】)の親単元は C1履歴 です。


ゆきひろ1)よしかず2)まさのり3)おおぬま4)きみこ5)おおかぜ6)なかたに7)じゅんこ8)しのさき9)
立花和宏,アルミニウム,平成11年度10)

松木先生退官記念会11)

学会平成11年度化学系7学協会連合東北地方大会宮城県石巻市12)
K. Tac,Impuri,196th 13)

論文
まつき導電付与材集電体&電解液の効果14)15)
Proposal of An Accurate and Rapid International Electro-chemical Test for Various Battery Materials using T-M Cell (Part. 5): Discharging Kinetics of EMD in KOH aqueous so-lution.16)
卒業研究-電気化学2004,LiMn2O4系に対する導電付与材集電体&電解液の効果199917)

1999平成11年度研究ノート18)
19971999松木仁科研究 19)
199020)



学会リチウム電池日仏合同セミナー岩手県盛岡市21)

2012年度平成24卒業研究22)
2011年度平成23卒業研究23)
2010年度平成22卒業研究24)
2009年度平成21卒業研究25)
2008年度平成20卒業研究26)
2007年度平成19卒業研究27)
2006年度平成18卒業研究28)
2005年度平成17卒業研究29)
2004年度平成16卒業研究30)
1998年度平成10卒業研究31)

関連講義卒業研究-電気化学2004,刊行物1999◆H1132)

アルミニウム微小電極を用いた希薄電解液中の高速サイクリックボルタンメトリーに及ぼす電解質濃度の影響
立花和宏,○鈴木芳和,遠藤孝志,仁科辰夫,松木健三,平成11年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (1999).

松木先生退官記念会
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】平成11年度化学系7学協会連合東北地方大会@宮城県石巻市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).

Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).

【論文】まつき;導電付与材、集電体&電解液の効果
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果(1999),刊行物@C1(1999◆H11)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

◆1999(平成11)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2010).

緒言(C > 研究室( > 1997〜1999:松木・仁科研究室 ,研究室(C1)の沿革
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1997).

高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 1990s,現代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1990).

【学会】第2回リチウム電池日仏合同セミナー@岩手県盛岡市
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).

緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).

結果と考 > 論文・報 > 刊行物@C1(1999◆H11),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

(1有機電解液中におけるアルミニウムの不働態皮膜生成反応とリチウム二次電池集電体として電池性能に及ぼす影響
佐藤 幸裕, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(2微小電極を用いた希薄電解液中におけるアルミニウムの陽極酸化
鈴木 芳和, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(3薄膜LiMx(M=Co,Ni,Mn)Oy電極の作成及び高速電位掃引時の反応可逆性
佐藤 昌則, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(4クエン酸錯体法によるLiNiO2の合成法確立
大沼 源一郎, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(5クエン酸錯体法によるLiMnO4の合成法確立
宮下 貴美子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(6Li-Mn及びLi-Niクエン酸錯体の熱分解条件と熱分解生成物のリチウム二次電池正極特性
大風 順平, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(7クエン酸錯体浸漬法によるLiCoO2,LiNiO2,LiMn2O4薄層電極の作成
中谷 基, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(8デジタルハイスコープを用いたアルミニウム微小電極の表面反応のビデオ撮影
野中 淳子, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(9有機電解液中におけるアルミニウム電極の腐食挙動
篠崎 正利, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2000).
(10アルミニウム微小電極を用いた希薄電解液中の高速サイクリックボルタンメトリーに及ぼす電解質濃度の影響
立花和宏,○鈴木芳和,遠藤孝志,仁科辰夫,松木健三,平成11年度化学系7学協連合東北地方大会講演要旨集 (1999).
(11松木先生退官記念会
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(12【学会】平成11年度化学系7学協会連合東北地方大会@宮城県石巻市
立花 和宏, 研究ノート, (2008).
(13Impurity Effect in Aluminum Cathode Current Collector on Charging/Discharging Performance of Lithium Secondary Battery
K. Tachibana, T. Nishina, T. Endo and K. Matuki,196th Meeting of the ECS講演要旨集 (1999).
(14【論文】まつき;導電付与材、集電体&電解液の効果
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(15LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果
松木健三、立花和宏, マテリアルインテグレーション, Vol.12, N. pp.35-42, (1999).
(16Proposal of An Accurate and Rapid International Electro-chemical Test for Various Battery Materials using T-M Cell (Part. 5): Discharging Kinetics of EMD in KOH aqueous so-lution.
Kazuhiro Tachibana, Tatsuo Nishina, Kenzo Matsuki and Akiya Kozawa, ITE Battery Leters, Vol.1, No.1, pp.39-42, (1999).
(17結果と考 > 論文・報 > 刊行物@ > LiMn2O4系に対する導電付与材、集電体&電解液の効果(1999),刊行物@C1(1999◆H11)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).
(18◆1999(平成11)年度ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2010).
(19緒言(C > 研究室( > 1997〜1999:松木・仁科研究室 ,研究室(C1)の沿革
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1997).
(20高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 1990s,現代
立花 和宏,電気化学の庵, 講義ノート, (1990).
(21【学会】第2回リチウム電池日仏合同セミナー@岩手県盛岡市
立花 和宏, 研究ノート, (2009).
(22緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(23緒言(C > C1履歴 > 【2011年度(平成23)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(24緒言(C > C1履歴 > 【2010年度(平成22)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(25緒言(C > C1履歴 > 【2009年度(平成21)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(26緒言(C > C1履歴 > 【2008年度(平成20)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(27緒言(C > C1履歴 > 【2007年度(平成19)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(28緒言(C > C1履歴 > 【2006年度(平成18)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(29緒言(C > C1履歴 > 【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(30緒言(C > C1履歴 > 【2004年度(平成16)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2004).
(31緒言(C > C1履歴 > 【1998年度(平成10)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1998).
(32結果と考 > 論文・報 > 刊行物@C1(1999◆H11),論文・報告書・解説など
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1999).

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 【1999年度(平成11)卒業研究】 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 1999. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=808'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=808 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-5-26">2018-5-26</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=808

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.