HOME 教育状況公表 本日
⇒#3363@講義;

  デバイスとバルクと界面(半導体と界面)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 電気化学特論 の単元です。 この講義(デバイスとバルクと界面(半導体と界面))の親単元は 第3講 水の安定領域と過電圧 です。

初版
デバイスバルク界面と表面

界面では電子放出が起こります


電池キャパシタデバイス
関連講義卒業研究-電気化学2004,エネルギーデバイスエネルギーデバイス(電池やキャパシタ)1)

関連講義卒業研究-電気化学2004,材料&試料2)
材料電解液活物質バルク
物理量
物性値誘電率εF/m導電率κS/mなど示強因子温度TK圧力PPaに依存します
仕事関数φJ
LUMOxJ
HOMOxJ

プロ電場―電流密度3)

電極表面界面
物理量起電力EV
プロ電圧―電流密度4)
関連講義卒業研究-電気化学2004,電極に内在する界面5)

固液界面界面の構成するひとつの相が固体でもうひとつが液体です固体には金属結晶イオン結晶分子結晶などがあります

関連書籍
エレクトロニクスと電気化学6)


緒言(C > 製品調査 > エネルギーデバイス(電池やキャパシタ),製品調査(電池やキャパシタについて)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).

実験方法 > 材料&試料,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内在する界面,考察と討論
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1緒言(C > 製品調査 > エネルギーデバイス(電池やキャパシタ),製品調査(電池やキャパシタについて)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2005).
(2実験方法 > 材料&試料,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3電場―電流密度,電界の強さ,電流密度, (プロット).
(4電圧―電流密度,電圧,電流密度, (プロット).
(5結果と考 > 考察と討 > 電極に内在する界面,考察と討論
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(6 > エレクトロニクスと電気化学
山下正通、小沢昭弥, 現代の電気化学, 丸善, , (2012).

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> . <q><cite> デバイスとバルクと界面(半導体と界面) </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11208'> 電気化学特論 <a/a> 講義ノート, 2010. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3363'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3363 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-11-14">2019-11-14</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=3363

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.