HOME 教育状況公表 本日
⇒#779@研究ノート;

【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形県山形市

日時
関係者(共同研究者)

http://tohoku.chemistry.or.jp/chiho.html

【学会】平成19年度 化学系学協会東北大会@山形

平成19年度 化学系学協会東北大会についてのお知らせ

にしまたは2009年にそれまでの研究液晶誘電率交流インピーダンスというテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した1)

たかつかは2008年にそれまでの研究誘電率ニオブ液晶というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

かすやは2008年にそれまでの研究ハイレートリチウムイオン次電池コンポジ正極の設計というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した3)

○柳沼雅章,…らは2007年に山形大学 小白川キャンパス山形県山形市小白川町1-4-12開催された平成19年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜漏れ電流ついて報告している4)

学会化学学協会連合東北地方大会5)

会期
9月219月23
会場
山形大学 小白川キャンパス山形県山形市小白川町1-4-12
徒歩山形駅東口より約30

JR[仙台駅]からバス山形交通宮城交通仙台ホテルバス乗場22番「高速仙台~山形(笹谷」乗車南高校前下車60徒歩時間便料金はおよそ900
発表申込締切
6月22
予稿原稿締切
8月10
加登録予約申込締切
8月17

化学系学協会東北大会
発表申込6月22
http://tohoku.ch…
要旨集の発行日付は例年学会開催の初日
開催日9月219月23
発表予定件数タイトル未定
平成19年度 化学系学協会東北大会6)

立花の予定
9月21
11001230 東北支部幹事会
12301300 東北支部化学教育協議会幹事会
13001440 座長0105
9月22
12051250 懇談会
9月23日水口先生笹原電気にご案内


山形県産業科学館7)

2007平成19年度ノート8)



リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).

【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花 和宏, 研究ノート, (2011).

ミュージ > 科学館( > 山形県産業科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

2007年(平成19)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2009).

(1交流信号の利用による電気化学デバイスのマネージメントシステム
西俣 樹, 修士論文, (2009).
(2ESRによるNb2O5酸素欠損の評価
高塚 知行, 卒業論文, (2008).
(3リチウムイオン二次電池正極合材の構造と応答速度の関係
粕谷 涼, 卒業論文, (2008).
(4リチウムイオン二次電池正極合材塗布時のバインダ中の水分とアルミニウム集電体不動態皮膜の漏れ電流
○柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成19年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2007).
(5【学会】化学系9学協会連合東北地方大会
立花 和宏, 研究ノート, (2011).
(6平成19年度 化学系学協会東北大会会議.
(7ミュージ > 科学館( > 山形県産業科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏,お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(82007年(平成19)研究ノート
立花 和宏, 研究ノート, (2009).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=779

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.