HOME 教育状況公表 本日
⇒#647@研究ノート;

◆1990年(平成2)研究ノート

日時
関係者(共同研究者)


19904月から19913月まで

つぼい1)じょ2)おおの3)いうら
ふじわら4)さわぐち5)ます6)
しげもと7)いしかわひとえんどうかわの8)

学科改組9)1990年度入学からは物質工学科

関連講義電気化学の庵,199010)

1990年度平成卒業研究11)

1991平成年度ノート12)
1990平成年度ノート
1989平成元年年度ノート13)



 > 工学部の沿革,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (1910).

高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 1990s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1990).

緒言(C > C1履歴 > 【1990年度(平成2)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1990).

◆1991(平成3)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1991).

◆1989(平成元年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1989).

(1アルミニウム電極上への微細多孔質層の形成について
坪井 伸行, 卒業論文, (1988).
(2リチウム二次電池における正極活物質スピネル型マンガン酸化物
城 啓介, 卒業論文, (1988).
(3アルカリ型燃料電池の酸素極に関する研究(γ-MnOOHの電極触媒特性)
大野 正道, 卒業論文, (1988).
(4アモルファスFeVO4の合成とリチウム二次電池正極活物質への応用
藤原 正樹, 卒業論文, (1989).
(5アジピン酸アンモニウム水溶液中におけるアルミニウムの陽極酸化
澤口 彰廣, 卒業論文, (1989).
(6マンガン複合材料のリチウム二次電池正極活物質への応用
増田 誠治, 卒業論文, (1990).
(7カーボン~ポリマー複合皮膜電極の作成と応用
加藤 茂幹, 卒業論文, (1990).
(8電解二酸化マンガンの電解条件と特性
川野 悟志, 卒業論文, (1990).
(9 > 工学部の沿革,
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (1910).
(10高等学校 > 高校歴史 > 現代 > 1990s,現代
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1990).
(11緒言(C > C1履歴 > 【1990年度(平成2)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (1990).
(12◆1991(平成3)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1991).
(13◆1989(平成元年)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (1989).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=647

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.