HOME 教育状況公表 本日
⇒#64@研究ノート;

バインダーの種類を変えた実験

日時
関係者(共同研究者)


バインダー種類変えた実験
サイクリックボルタモグラムで確認したところPVDXともにアルミニウム不働態化進行するのに対してラテックス系は大丈夫
電池討論会で発表するぞ

キトサン誘導体系バインダどうかなあ?

さとる1)45電池討論会-京都2)で発表
舘謙太3)少しやったあと小原大佑4)阿部智幸5)フォロー

実験方法6)
バインダ7)

般的な理系の学術論文の本文原稿作成では緒言実験結果考察結論文献なります



第45回電池討論会@京都府
立花和宏, 研究ノート, (2004).

リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

実験方法
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

バインダ
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1リチウムイオン二次電池における正極合材のバインダーとアルミニウム集電体の表面接触特性
田中 智, 卒業論文, (2005).
(2第45回電池討論会@京都府
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(3デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(4リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度
○小原大佑,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(5リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(6実験方法
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(7バインダ
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=64

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.