HOME 教育状況公表 本日
⇒#203@研究ノート;

サイバーキャンパスの発展

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2005.html

●緒言&目的
私たちは2004年にサイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点について報告した1本編はその続編である。2005年になってさらに変化している。

学務システム導入2

●方法

ドメイン構造の変更3
ライブカメラの設置4

図書館DBとのリンク5
化学物質の管理と関連法規との対応6

●結果

講義棟LAN:固定IPそのつどPCのセットアップ
無線LAN:一度有線でログオン必要。
入試広報のノートPC、かりっぱなし。
PCの活用のための環境が十分とはいえない。
ストリーミングなどではセットアップに


2005/9/23 22:56
3000万を越えました.
総アクセス回数 30000037

アクティブサービスの利用者が多い。

オープンコースウェア7として東京大学8や東京工業大学9が公開している。
SPP10を含め学校データベースの整備。
講義ノート11
JABEE。

\750円/アカデミック(税別)
ライセンス不足が懸念されている。
工学部については


1500Cal

150万円

サイバーキャンパス「鷹山」12

学会発表DBの整備13
PME

事務棟工学部長室14工学部正門守衛室15
セキュリティ=ライブカメラ、解像度
個人情報保護、検索エンジンのキャッシュ

物質管理、労働安全衛生法対応
TULIP関係16
デジタルペン17
渡辺準司,高等教育機関,平成17年度18

紀要19締め切り



(1サイバーキャンパスの構築とその実用化への問題点の抽出
立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、仁科辰夫、尾形健明、亀田恭男、妹能晴弥、高橋国法、高田健次郎、猪狩惺、小沢昭弥、足立敏、延末憲三, 山形大学紀要(工学)Vol.28, No.2,p.53-64, (2005).
(2学務システム導入
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(3ドメイン
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(4ライブカメラ
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(5図書館DBとのリンク
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(6化学物質の一元管理と関連法規との対応
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(7オープンコースウェア
仁科 辰夫, サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2005).
(8東京大学.
(9東京工業大学.
(10SPP
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(11講義ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).
(12サイバーキャンパス「鷹山」
立花和宏, 研究ノート, (1999).
(13学会発表DBの整備
立花和宏, 研究ノート, (2004).
(14事務棟工学部長室.
(15工学部正門守衛室.
(16TULIP関係
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(17デジタルペン-名古屋
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(18学会-高等教育機関における化学物質管理
渡辺準司, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(19大学の教育と研究を支援する知識データベースシステム
仁科辰夫、立花和宏、奥山澄雄、伊藤智博、鈴木勝人、青木和恵, 技術総合誌OHM, Vol.4, p.6-7, (2004).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=203

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.