HOME 教育状況公表 本日
⇒#1971@研究ノート;

スーパーオキシドアニオンラジカルとDMPOの反応速度定数の調査

日時
関係者(共同研究者)

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

反応式DMPOスーパーオキシド反応1)

小出智子は1997年にスピントラESR法による食品の活性酸素消去能評価に関する研究いうタイトル山形大学大学院理工学研究科物質工学専攻の修士論文執筆しておりスーパーオキシドアニオンラジカル2)とDMPO3)の反応速度定数pH=5.09.0で求めている4)

Eli Finkelstらは1980年にSpin trapping. Kinetics of the reaction of superoxide and hydroxyl radicals with nitronesについてDMPOとOOH次反応速度定数が述べられているpH=7.8おいて次反応速度定数は10 [/M/s]であると述べている5)



pH=4.0~9.0におけるDMPOとO2(-)の二次反応速度定数kグラフ.

(1)   O2- + C6H11NO →   C6H11NO3, ?, (反応-538).
(2スーパーオキシドアニオンSuper Oxide AnionO2-, = 31.9988 g/mol, (化学種).
(35,5-ジメチル-1-ピロリン-N-オキシド5,5-Dimethyl-1-pyrroline-N-OxideC6H11NO, = 113.15944 g/mol, (化学種).
(4pH=4.0~9.0におけるDMPOとO2(-)の二次反応速度定数kグラフ.
(5Spin trapping. Kinetics of the reaction of superoxide and hydroxyl radicals with nitrones
Eli Finkelstein , Gerald M. Rosen , Elmer J. Rauckman , j. am. chem. soc.,102,4994(1980).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=1971

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.