HOME 教育状況公表 本日
⇒#1243@研究ノート;

【試料】溶媒の調査

日時
関係者(共同研究者)


ビニレンカーボネート  沸点165  融点19-22  毒性irritant
スルホラン  沸点285  融点27.5
テトラヒドロフラン1)  沸点66  融点-108.5
エチルメチルカーボネート  沸点109  融点-55
ジメチルカーボネート  沸点90.3  融点2-4

スルホランは室温で固体のようです今回は保留にしようかと

たけだは2010年にそれまでの研究リチウムイオン次電池正極活物質及び導電助剤と集電体界面の密着性というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した2)


(1テトラヒドロフラン, 仁科研究室(南東側), 立花 和宏, (2010).
(2交流インピーダンス法によるリチウムイオン二次電池用有機溶媒の評価
武田 浩幸, 卒業論文, (2010).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=1243

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.