🏠
🌡️ 📆 令和4年10月8日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 炭素表面処理の影響を調べるための試料

⇒#1221@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


炭素表面処理

ふみとは、2010年に、それまでの研究をリチウムイオン二次電池の電極合材スラリー中炭素粒子分散剤と電解液分解に関する研究(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した1)。

○高塚知行,…らは、2009年に幕張メッセ 国際会議場(千葉市美浜区中瀬2-1) で開催された第120回講演大会においてリチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係について報告している2)。

【関連書籍】
炭素・自問自答(目次)3)
リチウムイオン電池用材料4)



リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会要旨集 (2009).

(1リチウムイオン二次電池の電極合材スラリー中炭素粒子分散剤と電解液分解に関する研究(仮)
佐藤 史人, 卒業論文, (2010).
(2リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会要旨集 (2009).
(3 > ç‚­ç´ ãƒ»è‡ªå•è‡ªç­”(目次)
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, (1997).
(4 > ãƒªãƒã‚¦ãƒ ã‚¤ã‚ªãƒ³é›»æ± ç”¨ææ–™
芳尾真幸、小沢昭弥, リチウムイオン二次電池-材料と応用-第二版, 日刊工業新聞社, (1996).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
8633
8686
8687
8688
8689
8721[アセチレンブラック(基準試料)]を使った実験
8729[高比表面積・親水化アセチレンブラック]を使った実験
8744
表装置(履歴)
履歴ID概要

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=1221


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.