HOME 教育状況公表 本日
⇒#1140@研究ノート;

UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.2)

日時
関係者(共同研究者)

https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/fed

UPKIShibboleth IdP構築記録(OS環境の設定 No.2

〇UPKIShibboleth IdP構築記録(OS環境の設定 No.11)からの続き

apache tomcatのインストールUPKIShibboleth IdP構築記録(OS環境の設定 No.22))

# cd /usr/java
# tar zxvf (ソースディレクトリ)/apache-tomcat-6.0.xx.tar.gz
# ln -s apache-tomcat-6.0.xx /usr/java/tomcat

jsvc自動起動に設定しておくと便利

# cd /usr/java/tomcat/bin
# tar zxvf jsvc.tar.gz
# cd jsvc-src/
# sh ./configure --with-java=/usr/java/default
# make
# cp jsvc ..
# cp native/Tomcat5.sh /etc/rc.d/init.d/tomcat

# vi /etc/rc.d/init.d/tomcat

下記の先頭のコメントに追加
# chkconfig: - 85 15
# description: Tomcat
# processname: tomcat
下記の修正
JAVA_HOME=/usr/java/default
CATALINA_HOME=/usr/java/tomcat
DAEMON_HOME=$CATALINA_HOME
TOMCAT_USER=tomcat
CATALINA_BASE=$CATALINA_HOME
エディター終了し保存

tomcatユーザー追加
# /usr/sbin/adduser tomcat
# chown -R tomcat: /usr/java/tomcat/
# chkconfig --add tomcat
# chkconfig --level 345 tomcat on

# vi /etc/profile
/etc/profileに下記追加
JAVA_HOME=/usr/java/default
MANPAITH=$MANPATH:$JAVA_HOME/man
CATALINA_HOME=/usr/java/tomcat
TOMCAT_HOME=$CATALINA_HOME
PATH=$JAVA_HOME/bin:$CATALINA_HOME/bin:$PATH
export PATH JAVA_HOME CATALINA_HOME

※tomcatが正常に動作しなかったときはjsvcのパスが間違っていることがありますので/etc/rc.d/init.d/tomcatのスクリプト修正してください

IdP構築運用手順書(Ver 1.2)

by



UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.1)
伊藤智博, 研究ノート, (2009).

UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.2)
伊藤智博, 研究ノート, (2009).

(1UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.1)
伊藤智博, 研究ノート, (2009).
(2UPKI用Shibboleth IdPの構築記録(OS環境の設定 No.2)
伊藤智博, 研究ノート, (2009).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?nLaboNoteID=1140

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.