🏠
🌡️ 📆 令和6年5月22日
戻る 進む

🗒️ 会員増強のための講演会

⇒#793@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

#日本化学会

山形大学キャリアサービスセンター
日本化学会東北支部 会員増強のための講演会

工業化学歴史特徴1)

気に話具体化したいと思います
よろしくお願い申し上げます

http://www.chem.…
http://csj.jp/ka…
http://www.csj.j…

シンポジウム身近な暮らし支える化学の仕事

 基調講演会

実業界から著名製品メーカー

東京理科大学 中井 泉先生
追跡!!!化学の底力~毒入りカレー分析から発掘遺跡の調査まで~2)
旭化成 上阪圭介先生
化学歩みと生活の変化~研究開発現場から~3)

 パネルディスカション
コーディネータ 大場好弘
パネリスト 中井 
パネリスト 上阪圭介
パネリスト 半谷 輝己
パネリスト 


10151600
※化学高分子系の年生の講義終了の足並みが揃うため

山形大学キャリアサービスセンター 日本化学会東北支部 主催

山形大学キャリアサービスセンター講師謝礼旅費ポスター作成
日本化学会東北支部

鑑識化学考古化学

毎年トルコエジプト等の遺跡調査に加して現地にポータブル分析装置持って行って出土遺物の分析おこなっています

私が自ら担当した研究テーマ題材にある意味平凡な化学系研究者のナマ姿や企業での研究テーマ選び方進め方などご紹介するいった内容考えています



工業化学の歴史・特徴,2007年(H19年度)―無機工業化学
立花 和宏, 無機工業化学, 講義ノート, (2007).

追跡!!!化学の底力~毒入りカレーの分析から発掘遺跡の調査まで~,
立花 和宏, 会員増強のための講演会, 講義ノート, (2007).

化学の歩みと生活の変化~研究開発現場から~,
立花 和宏, 会員増強のための講演会, 講義ノート, (2007).

(1工業化学の歴史・特徴,2007年(H19年度)―無機工業化学
立花 和宏, 無機工業化学, 講義ノート, (2007).
(2追跡!!!化学の底力~毒入りカレーの分析から発掘遺跡の調査まで~,
立花 和宏, 会員増強のための講演会, 講義ノート, (2007).
(3化学の歩みと生活の変化~研究開発現場から~,
立花 和宏, 会員増強のための講演会, 講義ノート, (2007).

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2002 R-16 H14 S77 T91 M135
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=793
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.