HOME 教育状況公表 本日
⇒#780@研究ノート;

【学会】電気化学会@東京

日時
関係者(共同研究者)

http://www.electrochem.jp/program/2007fall/2007fall.html

【学会】電気化学会@東京

学会電気化学東京
東京工業大学1)

にれぎは2008年にそれまでの研究液晶漏れ電流というテーマ卒業論文してまとめ山形大学卒業した2)

 19202日間
 東京工業大学大岡山キャンパス(東京都目黒区大岡山2-12-1)
シンポジウム講演 般学術講演 ◇展示会 ◇懇親会

○西川幸秀,…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会においてEDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体炭素合材接触抵抗算出とその電流依存性について報告している3)

○楡木崇仁,…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会において顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察について報告している4)

○阿部智幸,…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会においてリチウムイオン次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響について報告している5)

○舘謙太,立…らは2007年に東京工業大学大岡山キャンパスで開催された2007年電気化学秋季大会においてリチウムイオン次電池負極としての酸化チタン混練したアクリルゴム電気化学特性ついて報告している6)

2007年電気化学秋季大会7)
東芝科学館8)

2007平成19年度ノート9)
船底妨汚塗料と海洋環境問題東京10)
関連講義卒業研究-電気化学2004,電気化学会秋季大会11)



EDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体と炭素合材の接触抵抗の算出とその電流依存性
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫, 2007年電気化学秋季大会, (2007).

顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察
○楡木崇仁,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※), 2007年電気化学秋季大会, (2007).

リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫, 2007年電気化学秋季大会, (2007).

リチウムイオン二次電池負極としての酸化チタンを混練したアクリルゴムの電気化学特性
○舘謙太,立花和宏,仁科辰夫,渡邊 剛(※), 2007年電気化学秋季大会, (2007).

東芝科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).

◆2007(平成19)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2007).

船底妨汚塗料と海洋環境問題千@東京
立花和宏, 研究ノート, (2007).

電気化学会秋季大会,学会発表
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1東京工業大学学校
.
http://www.titech.ac.jp/home-j.html
(2液晶材料の漏れ電流・インピーダンス測定における測定条件
楡木 崇仁, 卒業論文, (2008).
(3EDLCモデル電極におけるアルミニウム集電体と炭素合材の接触抵抗の算出とその電流依存性
○西川幸秀,立花和宏,仁科辰夫, 2007年電気化学秋季大会, (2007).
(4顕微鏡下における液晶材料の分極時のリーク電流と相変化のその場観察
○楡木崇仁,立花和宏,仁科辰夫,竹本博文(※),大平則行(※), 2007年電気化学秋季大会, (2007).
(5リチウムイオン二次電池正極活物質の反応に及ぼすバインダの分散媒の影響
○阿部智幸,立花和宏,仁科辰夫, 2007年電気化学秋季大会, (2007).
(6リチウムイオン二次電池負極としての酸化チタンを混練したアクリルゴムの電気化学特性
○舘謙太,立花和宏,仁科辰夫,渡邊 剛(※), 2007年電気化学秋季大会, (2007).
(72007年電気化学秋季大会会議.
(8東芝科学館,科学館(工業技術系)
立花 和宏, お散歩の中にサイエンスを, 講義ノート, (2006).
(9◆2007(平成19)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(10船底妨汚塗料と海洋環境問題千@東京
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(11電気化学会秋季大会,学会発表
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=780

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.