🏠
🌡️ 📆 令和5年1月31日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【特許】2002-123270:同局部腐食センサ

⇒#706@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


立花和宏らは、2002年に特許特願2002-123270 局部腐食センサ、及び同局部腐食センサを使用した局部腐食検出方法並びに局部腐食検出装置について報告し、…と述べている1)。

生理版業13-442

4月15日明細書校正(森竹先生)
4月24日出願
2006年6月、補正書、意見書提出

◆2003(平成15)年度ノート2)



◆2003(平成15)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).

(1特許特願2002-123270 局部腐食センサ、及び同局部腐食センサを使用した局部腐食検出方法並びに局部腐食検出装置
, , (2002).
(2◆2003(平成15)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2003).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=706


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.