🏠
🌡️ 📆 令和4年12月8日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【論文】有機電解液中におけるニオブのエクスパンドメタルの電解エッチング

⇒#681@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


論文:有機電解液中におけるニオブのエクスパンドメタルの電解エッチング
立花、後藤1)、仁科、菅原

34. Electrolytic Etching of Niobium Expand Metal in Organic Electrolyte 共著 2007.1 ITE Letters on Batteries, New Technologies & Medicine
8(1):
pp.- 有機電解液中でニオブのエクスパンドメタルの電解エッチングを試みた。
担当部分「実験と論文作成」
(Kazuhiro Tachibana, Yoshihito Goto, Tatuo Nishina and Michio Sugawara
)

K. Tac…らは、2007年にElectrolytic Etching of Niobium Expand Metal in Organic Electrolyteについて報告し、有機電解液中でニオブのエクスパンドメタルの電解エッチングを試みた。 後藤 善仁は、2007年に、それまでの研究を有機電解液を用いたニオブ材料の電解エッチング条件の検討というテーマで卒業論…と述べている2)。

ニオブ…は、ニオブ3)4)は超伝導セラミックの材料としてばかりでなくニオブ固体電解コンデンサ5)に使います。 2Nb+5H2O<->Nb2O5+10…ことが知られている6)。

【論文】カドミウム修飾チタニアのヒドロロキシルラジカル発生の光触媒活性7)



緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > ã‚­ãƒ£ãƒ‘ã‚· > ãƒ‹ã‚ªãƒ–固体電解コンデンサ,キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é‡‘属材料 > ãƒãƒ«ãƒ–メ > ãƒ‹ã‚ªãƒ–とその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

【論文】カドミウム修飾チタニアのヒドロロキシルラジカル発生の光触媒活性
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

(1有機電解液を用いたニオブ材料の電解エッチング条件の検討
後藤 善仁, 卒業論文, (2007).
(2Electrolytic Etching of Niobium Expand Metal in Organic Electrolyte
K. Tachibana, Y. Goto, T. Nishina, and M. Sugawara, ITE Letters 8(1): pp.34-37, (2007).
(3ニオブNiobiumNb, FW = 92.9064 g/mol, (化学種).
(4 > é›»è§£æ³•ã«ã‚ˆã‚‹é…¸åŒ–皮膜(目次)
馬場宣良, 電解法による酸化皮膜, 槇書店, (1996).
(5緒言(C > è£½å“èª¿æŸ» > ã‚¨ãƒãƒ«ã‚® > ã‚­ãƒ£ãƒ‘ã‚· > ãƒ‹ã‚ªãƒ–固体電解コンデンサ,キャパシタ(コンデンサ)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(6実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > é‡‘属材料 > ãƒãƒ«ãƒ–メ > ãƒ‹ã‚ªãƒ–とその化合物,バルブメタルのアノード酸化とエッチング
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(7【論文】カドミウム修飾チタニアのヒドロロキシルラジカル発生の光触媒活性
立花 和宏, 研究ノート, (2006).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=681


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.