HOME 教育状況公表 本日
⇒#338@研究ノート;

卒業論文下書き提出

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2005.html

卒業論文下書き提出

左とじにする。
図番号をいれる。
ページをいれる。
緒言は「文献の紹介」
「【人名】は【引用】と述べている。」

実験方法は「読者への指示」
「【試料名】を【動詞】した。」
「【試料名1】を【動詞】し【試料名2】とした。」
「【試料名1】を【副詞】ように【動詞】し【試料名2】とした。」
フローチャートを示すこと。

サンプルをご提供いただいた会社に論文を謹呈いたします。
謝辞にその旨を記載してください。

A01「ゴム支持体に炭素材料を混練したスーパーキャパシタの電極特性の評価」
伊~裕1

A02「リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダの塗布条件と乾燥温度」
小原大佑2


B01「親水性導電性高分子のニオブコンデンサへの応用」
風~晃3

B02「エッチドアルミ箔に塗布したバインダーの接触角がサイクル特性に及ぼす影響」
なおちゃん4

B03「リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布による影響」
阿部智幸5

C01「コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用」
根~樹6

C02「デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化」
舘謙太7

C03「アルミニウムを集電体とするコンポジット電極の内部抵抗と充放電特性に対するバインダの種類とプレス圧の効果」
田口里子

卒業研究中間発表会8


(1ゴム支持体に炭素材料を混練したスーパーキャパシタの電極特性の評価
伊藤裕, 卒業論文, (2006).
(2リチウムイオン二次電池正極における炭素/アルミニウム界面の接触抵抗を低減させるバインダーの塗布条件と乾燥温度
小原大佑, 卒業論文, (2006).
(3親水性導電性高分子のニオブ電解コンデンサへの応用
風間晃, 卒業論文, (2006).
(4エッチドアルミ箔に塗布したバインダーの接触角がサイクル特性に及ぼす影響
住田奈緒子, 卒業論文, (2006).
(5リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布による影響
阿部智幸, 卒業論文, (2006).
(6コッククロフトウォルトン回路を利用した充電回路の鉛蓄電池への適用
根本直樹, 卒業論文, (2006).
(7デジタルハイコープによる鉛蓄電池の充放電に伴う負極劣化の可視化
舘謙太, 卒業論文, (2006).
(8卒業研究中間発表会
立花和宏, 研究ノート, (2005).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=338

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.