🏠
🌡️ 📆 令和5年3月30日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【講演】新技術説明会@東京都千代田区

⇒#214@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

リチウムイオン二次電池の正極集電体1)
【講演】新技術説明会@東京都千代田区

平成15年5月9日

拝啓
時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
科学技術振興事業団の業務につきましては、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
現在、先生の特許につきまして、当事業団技術展開部成果活用促進課にて実施企業を探索しておりますが、当事業団では技術移転を促進するため、発明者(研究者)が、企業にわかりやすく新技術の内容を紹介する新技術説明会を日刊工業新聞社と共催でおこなっております。今回、「次世代電池」に関する分野において、その説明会をおこなう予定ですが、先生のご発明による新技術(特許)につきまして、是非説明をお願い致したいと存じます。
誠に恐縮でございますが、調査票(添付ファイル)に必要事項をご記入の上、5月23日(金)までにメールでご返信いただけないでしょうか。もし、不明な点等ございましたら、たいへんお手数とは存じますが、ご連絡願います。本年6月に京都で開催される産学官連携推進会議(大臣等が参加)にて、リーフレットを配布し宣伝活動をおこなう予定のため、短期間での作成依頼で誠に恐縮ですが、ご協力何卒よろしくお願い申し上げます。
なお、今回、新技術説明会を行った結果、実施企業が見つかった場合は、当事業団より企業へライセンスさせていただきます。

■今回、下記2件の特許のご発明を中心に、技術のご説明をお願いしたいと存じます。
  出願番号:  特願2001-51689(特開2002-260728) 
発明の名称: 非水電解液を用いたリチウム二次電池
  発明者:   立花 和宏、 仁科 辰夫ほか4名
  出願人:   科学技術振興事業団

  出願番号:  特願2001-286665(特開2003-100300) 
発明の名称: 非水溶液電解液二次電池
  発明者:   立花 和宏、 尾形 健明、 仁科 辰夫ほか、5名
  出願人:   科学技術振興事業団

 尚、特願2002-217221 「非水溶液電解液二次電池」の技術につきましては、平成16年1月24日まで未公開のため、請求項記載事項に触れないようにお話いただくか、或いは、全く触れないでお話いただくのが宜しいと存じます。


-新技術説明会についてのご案内-
■主催:科学技術振興事業団
■共催:日刊工業新聞社
■ 会場:科学技術振興事業団東京本部地下ホール
(東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ B1 F)
■日程:平成15年12月19日(金)午後※ 
 ※時間につきましては、別途調整させていただきたいと考えております。
■説明時間:30分程度(質問時間含む)
      説明終了後、相談コーナーを設けますので、聴講者からの技術相談など、承っていただければ幸いに存じます。
■聴講者:一般企業の営業担当者、技術開発担当者等
■旅費及び謝金:事業団規程に基づき、旅費、宿泊費、及び謝金をお支払いさせていただきます。
■その他:先生には後日、説明会参加者に配布する資料の原稿作成をお願いする予定でございます(印刷は、当方で行います)。

ご参考までに、前回2月に開催した新技術説明会のホームページをご案内させていただきます。
http://www.nikka…

ご不明の点等ございましたら、お手数とは存じますが、ご連絡いただけますようよろしくお願い申し上げます。


 今後とも、どうか宜しくお願い申し上げます。


(1リチウムイオン二次電池の正極集電体,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2011).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=214


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.