HOME 教育状況公表 本日
⇒#1394@研究ノート;

【学会】平成22年度化学系学協会東北大会@岩手県盛岡市

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2010.html

【学会】平成22年度化学系学協会東北大会@岩手県盛岡市

電池の中の電気流さない電池部材の大切な働き1)

○佐藤史人,…らは2010年に岩手県盛岡市上田丁目188 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会においてインピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリー分散状態評価ついて報告している2)

○亀谷宗寿,…らは2010年に岩手県盛岡市上田丁目188 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会において電池用バインダー樹脂の表面官能基の違いが及ぼす液晶場変化について報告している3)

○丹治尚紀,…らは2010年に岩手県盛岡市上田丁目188 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会において高分子化合物の電子伝導性と溶媒の電気分解についてについて報告している4)

○川田聖人,…らは2010年に岩手県盛岡市上田丁目188 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会においてアルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布効果ついて報告している5)

○伊藤智博,…らは2010年に岩手県盛岡市上田丁目188 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会においてスマートグリッド実現へ向けたフェデレーションアーキティクチャによる電池劣化管理データベースの構築について報告している6)

関連講義卒業研究-電気化学2004,化学学協会連合東北地方大会7)
関連講義
秋季日本化学会東北大会8)
学会発表20099)
学会発表201010)



インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価
○佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).

電池用バインダー樹脂の表面官能基の違いが及ぼす液晶場変化
○亀谷宗寿,森田茉季,立花和宏,仁科辰夫,米竹 孝一郎,講演要旨集 (2010).

高分子化合物の電子伝導性と溶媒の電気分解について
○丹治尚紀,長澤善幸, 川口正剛,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).

アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果
○川田聖人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).

スマートグリッド実現へ向けたフェデレーションアーキティクチャによる電池劣化管理データベースの構築
○伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成22年度化学系学協会東北大会講演要旨集, 230 (2010).

結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

年間計画 > イベント > 秋の行事 > 学会発表 > 秋季:日本化学会東北大会,学会発表と対外発表
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

(1電池の中の電気を流さない電池部材の大切な働き,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2010).
(2インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価
○佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).
(3電池用バインダー樹脂の表面官能基の違いが及ぼす液晶場変化
○亀谷宗寿,森田茉季,立花和宏,仁科辰夫,米竹 孝一郎,講演要旨集 (2010).
(4高分子化合物の電子伝導性と溶媒の電気分解について
○丹治尚紀,長澤善幸, 川口正剛,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).
(5アルミニウム集電体の皮膜形成に対するプライマー塗布の効果
○川田聖人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).
(6スマートグリッド実現へ向けたフェデレーションアーキティクチャによる電池劣化管理データベースの構築
○伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,尾形健明,平成22年度化学系学協会東北大会講演要旨集, 230 (2010).
(7結果と考 > 学会発表 > 化学系9学協会連合東北地方大会@C1,学会発表@C1
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(8年間計画 > イベント > 秋の行事 > 学会発表 > 秋季:日本化学会東北大会,学会発表と対外発表
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(9緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).
(10緒言(C > C1履歴 > 【201 > 学会発表2010@C1,【2010年度(平成22)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1394

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.