🏠
🌡️ 📆 令和6年7月20日
戻る 進む

🗒️ Shibboleth IdP 2.1.3へのバージョンアップ

⇒#1157@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

https://upki-portal.nii.ac.jp/docs/fed
#🗒️👨‍🏫IdP#🗒️👨‍🏫Shibboleth#🗒️👨‍🏫UPKI#🗒️👨‍🏫eduroam

shibboleth IdP 2.1.3へのバージョンア

Shibboleh IdP 2.0.0から2.1.2バージョンアしたときにstoredIDにバグがあるようで問題が発生した1)JIRAの情報からバージョン2.1.3解決されている可能性が高いことから実際に2.1.3バージョンアして確かめた

結論としては2.1.2発生した問題は解決されたいた

バージョン Shibboleth IdP 2.1.2
バージョン Shibboleth IdP 2.1.3

簡単に作業メモ下記に示す基本的にはUPKI学術認証フェデレーションページ公開されているSP1.3IdP2.xとの接続設定の資料https://upki-por…元に2.1.3に対応した作業行った

% tar zxf shibboleth-identityprovider-2.1.3-bin.tar.gz
% cd shibboleth-identityprovider-2.1.3
# ./install.sh つかって/opt/shibboleth-idp-2.1.3インストール

$TOMCAT/endorcedの旧jarファイル削除してshibboleth-identityprovider-2.1.3/endorsedの*.jarファイル$TOMCAT/endorcedにコピー
# cp *.jar /usr/java/tomcat/endorsed

$JAVA/jre/lib/extにshibboleth-identityprovider-2.1.3/lib/shibboleth-jce-1.1.0.jarコピー
# cp shibboleth-jce-1.1.0.jar /usr/java/default/jre/lib/ext

インストールディレクトリ旧設定ファイル(attribute-filter.xml attribute-resolver.xml handler.xml logging.xml login.config relying-party.xml )コピー
# cp attribute-filter.xml attribute-resolver.xml handler.xml logging.xml login.config relying-party.xml /opt/shibboleth-idp-2.1.3/conf

インストールディレクトリ/war/idp.war$TOMCAT/webappsディレクトリに上書きコピー
# cp idp.war /usr/java/tomcat/webapps

handler.xml, handler.xml, relying-party.xmlの旧ディレクトリディレクトリ修正

証明書関係ファイル移動(インストールディレクトリ/credentials)

metadata(UPKI以外)移動インストールディレクトリ/metadata

SOAP設定の修正
Tomcatインストール/conf/server.xmlkeystore.jksファイルパス修正

関連講義
電気化学の庵,UPKIイニシアティブとは2)
サイバーキャンパス鷹山,デジタル証明書3)
サイバーキャンパス鷹山,大学間無線LANローミングプロジェクトUPKI, eduroam4)
サイバーキャンパス鷹山,UPKI-シングルサインオン実証実験5)
 サイバーキャンパス鷹山,UPKI-学術認証フェデレーション6)
サイバーキャンパス鷹山,UPKI関係資料7)




Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンアップの検証
伊藤智博, 研究ノート, (2009).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKIイニシアティブとは,国立情報学研究所
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).

サイバー > 管理と運 > デジタル証明書,管理と運用
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI-学術認証フェデレーション,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI関係資料,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

(1Shibboleth IdP 2.1.2へのバージョンアップの検証
伊藤智博, 研究ノート, (2009).
(2高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKIイニシアティブとは,国立情報学研究所
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (2008).
(3サイバー > 管理と運 > デジタル証明書,管理と運用
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(4高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > 大学間無線LANローミングプロジェクト(UPKI, eduroam),国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(5高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験,国立情報学研究所
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).
(6高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI-学術認証フェデレーション,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).
(7高等学校 > 高校公民 > 政治・経 > 独立行政 > 大学共同 > 国立情報 > UPKI > UPKI関係資料,UPKI-シングルサインオン(SSO)実証実験
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2009).

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要
110

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
2014 R-4 H26 S89 T103 M147
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1157
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.