🏠
🌡️ 📆 令和5年2月6日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 炭素分散液の評価

⇒#1131@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)


炭素分散液の評価

NB-0031)
NB-0042)
NB-0053)
NB-0084)

○佐藤史人,…らは、2010年に岩手県盛岡市上田三丁目18番8号 岩手大学で開催された平成22年度化学系学協会東北大会においてインピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価について報告している5)。

ふみとは、2010年に、それまでの研究を炭素表面官能基が電極内部抵抗におよぼす影響(仮)というテーマで卒業論文としてまとめ、山形大学を卒業した6)。

○佐藤史人,…らは、2009年に日本大学工学部(福島県郡山市田村徳定字中河原1)で開催された平成21年度 化学系学協会東北大会においてリチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響について報告している7)。

やぎぬまは、2010年に、それまでの研究をリチウムイオン電池合材スラリーの最適化というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した8)。

にれぎは、2010年に、それまでの研究を液晶材料を使ったリチウム電池用活物質・導電剤表面の評価というテーマで修士論文としてまとめ、山形大学を卒業した9)。

【関連講義】卒業研究(C1-電気化学2004~),カーボン材料10)



インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価
○佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).

リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

(1カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)-パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(2カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)-パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(3カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)-パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(4カーボン分散液, 仁科研究室(南西側)-パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(5インピーダンス測定によるリチウム電池合材スラリーの分散状態の評価
○佐藤史人,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2010).
(6リチウムイオン二次電池電極合材スラリー中炭素粒子分散剤に関する研究
佐藤 史人, 卒業論文, (2010).
(7リチウムイオン二次電池合材スラリー中炭素粒子分散剤の違いが分解電圧に及ぼす影響
○佐藤史人,柳沼雅章,立花和宏,仁科辰夫,平成21年度 化学系学協会東北大会講演要旨集 (2009).
(8リチウムイオン二次電池用バインダーおよび合材スラリーの評価法に関する研究
柳沼 雅章, 修士論文, (2010).
(9液晶場でのリーク電流解析とリチウム電池材料評価への応用
楡木 崇仁, 修士論文, (2010).
(10実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
7299
7619
7668
7839
7841
8382
8384
8703
8704
8705
8706
8707
8708
8709
8710
8711
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1131


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.