🏠
🌡️ 📆 令和6年7月24日
戻る 進む

🗒️ 【講演】Liイオン二次電池の高速充放電技術

⇒#1120@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://www.ipros.jp/company/283810/products_detail002496038.html
#バルク

Liイオン次電池の高速充放電技術1)
主催トリケプス

~電極構成部材の基礎から高速充放電の制御技術まで~

1 リチウムイオン次電池の電極構造と構成材料の機能

2 電池性能支配する電極中のバルクと界面
 電極中のバルク界面 / 集電体金属中の電子伝導 / 導電助材炭素中の電子伝導 / 電解液中のイオン伝導 / 集電体導電助材接触抵抗 / 導電助材炭素粒子間の接触抵抗 / 活物質表面電荷移動抵抗 / 活物質組成ノンストイキオメトリー / 溶媒分子吸着伴う活物質の導電率変化

3 電極スラリー調整と塗布乾燥プレス電池高速充放電化
 コンポジ電極と活物質 / 活物質単独での評価方法 / スラリー調整界面活性剤ヒビクル添加と性能 / 導電助材へのバインダー被覆電池性能 / 活物質へのバインダー被覆電池性能 / プレス電池性能へ及ぼす効果 / 高速電位掃引による応答特性と解釈 / インピーダンス測定による評価と解釈 / テリーマネジメント高速充放電の安全性

〒101-0052 東京都代田区神田小川町3-6NKビル
TEL03-3294-2547
FAX03-3293-5831
URLhttp://www.catne…


(1Liイオン二次電池の高速充放電技術,,etc,,
立花 和宏,シラバス-山形大学, (2009).

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
2014 R-4 H26 S89 T103 M147
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1120
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.