🏠
🌡️ 📆 令和4年11月26日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【講演】リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術@東京

⇒#1089@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://203.138.80.46/cgi-bin/seminar/seminar_detail.cgi?id=20090421-0016&date=200904

2009年4月21日 「リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術」@東京

■日時 4月21日(火)10:00~17:00
■会場 産業科学システムズ会議室(東京・飯田橋)(地図はこちら)

本講座では、リチウム電池の電極構成部材の役割について基礎的な理解を深め、それらが電池構造の中でどのようにかかわっているのかを解説します。特に材料物性値と界面機能の発現を切り分け、バルクの物性値と界面の特性値が異なること、それらが総合的に組み合わされて外部から観察されるデバイスとしての電池性能に反映されることを示します。また、実際の製造プロセスに即して、各々の工程で形成される界面が電池性能にどのような影響を与えるか、その結果、高速充放電性能を実現しうるかなどについて議論し、研究開発における問題解決の糸口を提供します。

2009年4月1)

【関連講義】リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術,リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術2)



2009年4月
立花和宏, 研究ノート, (2009).

リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術,
立花 和宏, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).

(12009年4月
立花和宏, 研究ノート, (2009).
(2リチウムイオン二次電池の高速充放電化と制御技術,
立花 和宏, リチウムイオン二次電池の, 講義ノート, (2009).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1089


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.