🏠
🌡️ 📆 令和6年6月19日
戻る 進む

🗒️ 【卒研】中間発表会@2008

⇒#1040@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/c1_2008.html
#卒研

卒研中間発表会2008

関連講義卒業研究-電気化学2004,卒業研究中間発表会1)


日時10261300から
ション13001400
ション14001500
ション15001600
場所号館ホールおよび通路
形式ポスター形式900×1800

卒業論文題目学籍番号氏名研究グループごとにA様式にとりまとめ19日正午締切厳守までに号館F仁科立花研2008年度リーダー瀧本亮タキモトリョウまで提出
発表番号はタイトル提出時に交付ション番号および審査教員は前日までに掲示などにより連絡する

卒業論文題目の様式は下記の通り

コース66コース17合計83
ションあたり28ボード裏表使用で14
審査教員総数17ひとりあたり×ションあたり

タイトル提出時に審査希望の審査教員申請すること
ルール自分の研究グループ以外の教員
ルール異なる研究グループ
ルール教員のションあたりの審査学生数上限は名とする
上限人数超えて希望殺到の場合は抽選とする

卒業論文題目の提出様式は下記の通り

研究グループ

卒業論文題目学籍番号氏名
審査希望審査希望教員名審査希望教員名

卒業論文題目学籍番号氏名
審査希望審査希望教員名審査希望教員名



例)
仁科立花研究室

ニオブアノード酸化の研究00123456山形 太郎
審査希望尾形健明伊藤智博

リチウム電池の研究00987654米沢 花子
審査希望尾形健明伊藤智博



卒業研究中間発表会,イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1卒業研究中間発表会,イベント
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
サンプル(履歴)
履歴ID概要
装置(履歴)
履歴ID概要

  1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


西暦と元号

  1 西暦と元号
西暦 令和 🔷 平成 🔷 昭和 🔷 大正 🔷 明治
2003 R-15 H15 S78 T92 M136
2004 R-14 H16 S79 T93 M137
2005 R-13 H17 S80 T94 M138
2006 R-12 H18 S81 T95 M139
2007 R-11 H19 S82 T96 M140
2008 R-10 H20 S83 T97 M141
2009 R-9 H21 S84 T98 M142
2010 R-8 H22 S85 T99 M143
2011 R-7 H23 S86 T100 M144
2012 R-6 H24 S87 T101 M145
2013 R-5 H25 S88 T102 M146
*

参考文献


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1040
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.