HOME 教育状況公表 令和4年10月5日
⇒#273@卒論;
2006 ( 2005 , 2006 , ) 修士論文

ピンポイント電子スピン共鳴法に関する研究

山形大学  物質化学工学科  尾形・仁科研  04520242  渡邉 隼司

卒業研究について 2005 2006



活性酸素等のフリーラジカルが多くの病気の発症と促進に深く関与することが明らかにされつつあるこのフリーラジカルが生体のどこでどれだけ生成しているか画像解析することができればそれは磁気共鳴イメージングMRI共にもうつの有力な診断装置なりうるであろうこのため不対電子の唯直接測定法でありそのフリーラジカル化学構造までもが明らかにできる電子スピン共鳴イメージング法の研究が国内外で進められ現在その空間分解能2 mmまで高められている
しかしこれまでの画像法では時間分解能が低くまた2種以上のラジカルが存在する場合画像化は困難であった本研究ではセンシティブポイントESR導入して問題解決するセンシティブポイント法とはある特定の空間局所的な均磁場発生させることによりこの空間みのESRスペクトル観測することができる手法である
 ラットの臓器測定する場合今までの画像法では時間分解能低く局所マイクロ波ESR法ではラット開腹し臓器露出しなければその臓器のESRスペクトル得られなかったしかしセンシティブポイント局所磁場焦点法が実現すれば高い時間分解能かつラット開腹せずにESRスペクトル得ることが可能になる

EPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Triangular Wave1)


(1EPR Spectroscopy using Magnetic Field Gradient Modulated by a Triangular Wave
Tomohiro Ito, Hidekatsu Yokoyama , Junji Watanabe, Shuhei Takaiwa, Tateaki Ogata, Appl. Magn. Reson., ,35(1) ,143-153 (2008), (2008).


緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的


実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

渡邉 隼司の管理するサンプル

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。


結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

には図題(キャプション)や表題をつけます。 の 説明にはひとつの段落を使います。


参考文献書籍雑誌口頭発表URL

渡邉 隼司の学会発表

<li> <article> 渡邉 隼司. <q><cite> ピンポイント電子スピン共鳴法に関する研究 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 , <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/Thesis_Index.asp'> 修士論文</a> , 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=273'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=273</a>, (参照 <time datetime="2022-10-05">2022-10-05</time>). </article> </li>

<h1> ピンポイント電子スピン共鳴法に関する研究 </h1> <div style='text-align:right;'> 04520242  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=273'> 渡邉 隼司 </a> </div>

修士論文 ©Copyright  2006   渡邉 隼司,  山形大学  All rights reserved.