HOME 教育状況公表 本日
⇒#349@卒論;
2006 卒業論文

リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布による影響

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  02512003  阿部智幸

卒業論文、修士論文、博士論文 2005 2006



リチウムイオン次電池正極活物質へのバインダー塗布による影響

バインダ1)の研究です

1. 比抵抗5MΩのイオン交換水で5wt%のアジピンアンモニウム水溶液調整した
2. 銀線3M硝酸で前処理した後0.1M塩酸中で0.8mA/cm2の電流密度で15分間電解し/塩化銀電極作成した
3. アジピンアンモニウム水溶液調整寒天固め塩橋とした
4. 電解恒温層に3電極式のセル組み立てた
5. アルミニウム01MNaOH水溶液および0.65M硝酸で前処理した後ポテンショスタファンクションジェネレーターXYレコーダー用いて再現の3枚のボルタモグラム測定した
アルミニウムの前処理…NaOH(60s)→蒸留水(10s)→硝酸(30s)→蒸留水(10s)
蒸留水からだしてから15s後に自然電位測定
自然電位測定してから30s後に掃引開始

卒業研究中間発表会2)
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明3)

学会電気化学東京4)
2006年電気化学秋季大会京都府京田辺市5)

2005年度平成17年度卒業研究6)
2006平成18年度ノート7)
2005平成17年度ノート8)

卒業研究-電気化学2004,バインダ9)
卒業研究-電気化学2004,金集電体10)



バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

【卒研】卒業研究中間発表会
立花和宏, 研究ノート, (2005).

リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).

【学会】電気化学会@東京
立花和宏, 研究ノート, (2007).

【学会】2006年電気化学秋季大会@京都府京田辺市
立花和宏, 研究ノート, (2006).

【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

◆2006(平成18)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2006).

◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).

バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

金集電体,集電体
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

(1バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(2【卒研】卒業研究中間発表会
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(3リチウムイオン二次電池正極活物質へのバインダー塗布によるレート特性変化
立花和宏,○阿部智幸,田中智,仁科辰夫,遠藤孝志,尾形健明, 平成17年度 化学系学協会東北大会, (2005).
(4【学会】電気化学会@東京
立花和宏, 研究ノート, (2007).
(5【学会】2006年電気化学秋季大会@京都府京田辺市
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(6【2005年度(平成17)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(7◆2006(平成18)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2006).
(8◆2005(平成17)年度ノート
立花和宏, 研究ノート, (2005).
(9バインダ,ゴムとポリマー
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(10金集電体,集電体
仁科 辰夫, 卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).


緒言

背景

工業製品や材料について調べます。 研究プロジェクトに参加するのもいいでしょう。

目的

実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

サンプル 消耗品は、購入先(業者、店舗、ネット)なども示して、 にまとまっていると読者が追試しやすいです。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

管理の方法

管理の方法を示してください。試作品やデータの管理の方法、リユース、リサイクルや廃棄の方法があるとありがたいです。

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

論文は、文章が集まって段落を作り、段落が集まって、節ができ、節が集まって章ができます。 図や 数式や化学式を使います。 物理量にはnomenclatureがあると良いでしょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表URL

<li> <article> 阿部智幸. <q><cite> </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2006. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=225'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=225</a>, (参照 <time datetime="2019-3-25">2019-3-25</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2006   阿部智幸,  山形大学  All rights reserved.