HOME 教育状況公表 令和2年10月23日
⇒#429@学会;

粘土/水分散液を担持した


立花 和宏 伊藤 智博 本間 史将 仁科 辰夫 後藤 佑太 篠木 進, 第61回電池討論会 , ,
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/auth/54299/c1/_Extra_Syllabus/_2020_R02/_20201118/20201118_e134_draft.asp


学会】粘土/水分散液を担持した⇒#429@学会;
粘土/水分散液を担持した
立花 和宏 伊藤 智博 本間 史将 仁科 辰夫 後藤 佑太 篠木 進,講演要旨集 (2020).


1)

高速マンガン酸リチウム?2)

セラ株式会社社長谷本 秀夫このたび世界初※1なるクレイリチウムイオン蓄電池の開発に成功しこの蓄電池内蔵した住宅用定置型蓄電システム以下蓄電システムの製品化決定しましたのでお知らせいたします


出典:
住宅用蓄電システム「Enerezza(エネレッツァ)」を製品化 3)

 このバッテリープラスチケースに入ったブレード状の薄板に物理的に分離されており各薄板にリチウムイオン電池セル2個ずつ収められていたこれら2個のセルの間には冷却フィンが挿入されており5系統の冷媒用導管が通っている電気的に見ると3個のセル並列接続されて1つのグループ形成そのグループ96直列接続することでバッテリー全体としては288セル16kWhの容量確保し360Vの電圧生成する仕組みだバッテリー寿命なるべく延ばすための工夫も採用したすなわちバッテリーが満充電や完全放電に至らないように制御しフル容量の半分程度に相当する10.4kWh分だけ利用する

 このバッテリー韓国のLG ChemLG化学製品正極材料スピネル型結晶構造マンガンリチウム使うタイプあるただしGMはコバルト系材料用いるバッテリーの技術ライセンスUS Argonne National Lab米国立アルゴンヌ研究から取得しているので近い将来バッテリー現在タイプからケルマンガンコバルト使うタイプ切り替えることも予想される


出典:
電気自動車「シボレー・ボルト」を解剖、電力システムの秘密に迫る (1/3) 4)

<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
立花 和宏 伊藤 智博 本間 史将 仁科 辰夫 後藤 佑太 篠木 進. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=429'> <q><cite> 粘土/水分散液を担持した </q></cite> </a>.
第61回電池討論会, . 2020.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=429

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
仁科・立花・伊藤研究室 准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2020 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.