HOME 教育状況公表 本日
⇒#4284@講義;

0003.0001.  内部抵抗低減のためのアルミニウム集電体と合材との界面設計

伊藤 智博、立花 和宏、仁科 辰夫
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/56307/56307_09.asp

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(内部抵抗低減のためのアルミニウム集電体と合材との界面設計)の親単元は リチウム二次電池性能向上への電極・電解質の表面処理/界面制御技術 です。

初版

アルミニウムの表面エンボス加工チング加工よってその表面積増やすことができる表面積増えれば静電容量が増えるものの必ずしも接触抵抗が低減されるとは限らないなぜなら接触抵抗は電流が通電しているときに意味持つものであって表面積なく断面積で左右されるからであるしかしながらアルミニウム拡面処理全く無意味かというと事実はそうとも限らないこれは接触抵抗の非直線性あるいは炭素材料と皮膜の半導体特性などに起因すると思われるが詳細は定かではなく今後の研究に期待される

業績本田秋…らは2014年にEvaluation of Contact Registance of Aluminum Current Collector Surfaces for Energy Storage Systemsについて報告しエネルギーシステムのための接触抵抗評価するのに低周波法と高周波法組み合わせた グラフ4The Cole-Cole-plot of both electrode(a) and…と述べているEvaluation of Contact Resistance of Aluminum Current Collector Surfaces for Energy Storage Systems1)


関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 内部抵抗低減のためのアルミニウム集電体と合材との界面設計 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2014. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4284'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4284 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-8-19">2019-8-19</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4284

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.