HOME 教育状況公表 本日
⇒#4293@講義;

  アルミニウムの不働態皮膜

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004~) の単元です。 この講義(アルミニウムの不働態皮膜)の親単元は 内部抵抗低減のためのアルミニウム集電体と合材との界面設計 です。

初版
リチウムイオン次電池用の電解液中ではアルミニウム集電体の表面にバリア型の不動態皮膜が存在する文献この不動態皮膜は高電場機構と呼ばれる反応機構で生成するここjは不動態化電流の電流密度eは電場強度A,B 温度皮膜組成よって決まる定数であるここでj=1A/m2程度のときの電場強度eの逆数アノダイジングレシオδaと呼び水溶液中の場合は1.31.4nm/Vであることが知られている

1)
物理量アノダイジングレシオ2)

(1リチウム電池駆動用電解液中におけるアルミニウムの不働態化
立花 和宏佐藤 幸裕仁科 辰夫遠藤 孝志松木 健三小野 幸子, Electrochemistry, Vol. 69, No.9, pp.670-680, (2001).
(2アノダイジングレシオ x / m/V.

関連の展示品

参考文献( 書籍雑誌URL )

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> アルミニウムの不働態皮膜 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004~) <a/a> 講義ノート, 2014. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4293'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4293 </a> ,  (参照 <time datetime="2019-10-23">2019-10-23</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=4293

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.