接触コンダクタンス―電流密度

165017001750180018501900195020002050600500400300200 電流密度 J / A/m^2 接触コンダクタンス G / S/m2
接触コンダクタンス―電流密度
項目 物理量
横軸電流密度 J /A/m²
縦軸 接触コンダクタンス G /S/m²
傾き
切片
面積
パラメータ
ノルム
接触コンダクタンス電流密度

学会本田 ,…らは2013年に大阪国際会議場で開催された第54回電池討論会においてリチウムイオン次電池の電極塗工時に用いるバインダーの種類がアルミニウム集電体と合材の接触抵抗及ぼす影響について報告している1)

リチウムイオン二次電池の電極塗工時に用いるバインダーの種類がアルミニウム集電体と合材の接触抵抗に及ぼす影響
本田千秋 ,立花和宏 ,仁科辰夫,講演要旨集 (2013).

(1リチウムイオン二次電池の電極塗工時に用いるバインダーの種類がアルミニウム集電体と合材の接触抵抗に及ぼす影響
本田千秋 ,立花和宏 ,仁科辰夫,講演要旨集 (2013).

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/PlotType/@PlotType.asp?nxyPlotTypeID=83


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.