HOME 教育状況公表 本日
⇒#413@学会;

人工知能を利用した実験結果の画像認識と学習教材データベースに関する研究


中野伊織, 今井直人, 白谷貴明,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫, 平成30年度 化学系学協会東北大会 , 秋田大学手形キャンパス,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


学会】人工知能を利用した実験結果の画像認識と学習教材データベースに関する研究⇒#413@学会;
人工知能を利用した実験結果の画像認識と学習教材データベースに関する研究
中野伊織, 今井直人, 白谷貴明,伊藤智博,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2018).


溶媒のXRD・AI1)

https://edu.yz.y…

人工知能利用した実験結果の画像認識と学習教材データベースに関する研究

(山大1山大院理工2山形大学3)  ○中野伊織1, 今井直人1, 白谷貴明2伊藤智博3立花和宏3仁科辰夫3

緒言2020年度から新小学校学習指導要領においてプログラミング教育が導入されるその中にはグデータ人工知能活用も取り上げられる研究では人工知能利用した画像認識の機械学習研究室から得られた実験結果画像化し識別機能の有効性確認することと学習教材グデータ収集しデータベースDB構築試みることの2通りで行う

実験方法1人工知能利用した天気判別システムの概略示すインターネ上に存在する画像DB人が目視で晴れか曇りか判別させSQLサーバーへ送った教師データ利用し機械学習させ得られた学習データ学習データ保存ストレージに保存したまたコンデンサーインピーダンスの測定結果正規化ボーデ線図として画像にして機械学習させた後未知のデータ判別させた

結果考察天気の判別の教師データ1週間で約30回送ったまた研究室のコンデンサーインピーダンス測定結果1日で72000回学習させると未知データ判別できる確率が5210日間で864000回学習させると53%に上昇したAI利用してコンデンサーの製造ラインの品質管理自動化しコストダウンが可能である

考文献

http://www.mext.…(2018-3-30)

https://edu.yz.y…




QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=413

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.