🏠
🌡️ 📆 令和6年5月27日
戻る 進む ⇒#399@学会;

導電性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化


後藤 武,増子 勝一,関口 理希,黒澤 大輝,伊藤 智博,立花 和宏,仁科 辰夫, 化学系学協会東北大会 , 岩手大学理工学部,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


学会】導電性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化⇒#399@学会;
導電性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化
後藤 武,増子 勝一,関口 理希,黒澤 大輝,伊藤 智博,立花 和宏,仁科 辰夫,講演要旨集 (2017).


演題名導電性高分子アルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流変化
※本メール書式は上付き下付きはイタリは対応していません
 講演登録 確認編集フォームよりご確認ください

所属機関総数2
所属番号:1
所属機関正式名:山形大学 工学部
所属機関略名:山形大工
所属機関英語:Faculty of Engineering Yamgata Univ.

所属番号:2
所属機関正式名:山形大学 大学院理工学研究科
所属機関略名:山形大院理工
所属機関英語:Graduate School of Science and Engineering Yamagata Univ.



著者の総数7

著者
No1
著者:後藤
著者:Takeru Goto
所属番号半角数字:1

No2
著者:増子
著者:Shoichi Mashiko
所属番号半角数字:1

No3
著者:関口 理希
著者:Masaki Sekiguti
所属番号半角数字:2

No4
著者:黒澤 大輝
著者:Daiki Kurosawa
所属番号半角数字:2

No5
著者:伊藤 智博
著者:Tomohiro Ito
所属番号半角数字:2

No6
著者:立花 和宏
著者:Kazuhiro Tachibana
所属番号半角数字:2

No7
著者:仁科 辰夫
著者:Tatsuo Nishina
所属番号半角数字:2


化学系学協会東北大会
20170916
導電性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化
後藤 武,増子 勝一,関口 理希,黒澤 大輝,伊藤 智博,立花 和宏,仁科 辰夫

  1 学会発表
口頭発表( 講演
表面技術協会秋2023 riku kenya
  1. 構成 1 )
  2. 題目
  3. カテゴリーの設定、オーラルか?ポスターか?
  4. 講演申し込み

    著者の確認:単著か共著か?共著の場合は、役割分担を明記。ギフトオーサーシップやゴーストオーサーシップは 研究不正 です。 、指示抄録

  5. 参加申し込み 🔷 旅程の作成、宿泊、交通手配、パスポート、クレカ
  6. 講演 草案 (スライド草稿、台本草稿)
  7. 要旨提出

    講演要旨なので、講演スライドの草案をもとに作ります。

ポスター発表(ショートプレゼンあり、なし)

論文講演は、 著作物であり、 知的財産です。

電気化学会発表の著作権規定

参考文献


<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->
<ul>
<li>
<article>
後藤 武,増子 勝一,関口 理希,黒澤 大輝,伊藤 智博,立花 和宏,仁科 辰夫. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=399'> <q><cite> 導電性高分子とアルミニウム酸化被膜の密着性によるコンデンサ漏れ電流の変化 </q></cite> </a>.
化学系学協会東北大会, 岩手大学理工学部. 2017.
</article>
</li>
</ul>
<!-- 学会発表 学会発表 学会発表 -->

<%nExtID=399:szRefType="meeting":szRefHeadLine="後藤 武,増子 勝一,関口 理希,黒澤 大輝,伊藤 智博,立花 和宏,仁科 辰夫,化学系学協会東北大会(2017)."%>
<!-- #include virtual ="/developer/Include/ref_num.inc" -->


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=399
名称: 教育用公開ウェブサービス
URL: 🔗 https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 学術情報基盤センター

🎄🎂🌃🕯🎉
名称: サイバーキャンパス「鷹山」
URL: 🔗 http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/
管理運用 山形大学 データベースアメニティ研究会
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16

Copyright ©1996- 2024 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.