HOME 教育状況公表 本日
⇒#377@学会;

2V級水系リチウム電池の充電過程における競合反応について


黒澤大輝、小室直人、伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫, 第46回セミコンファレンス・第28回東北若手の会 , 花巻温泉 ホテル千秋閣,
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/Public/54299/c1/@c1_Year.asp?year=2015


学会】2V級水系リチウム電池の充電過程における競合反応について⇒#377@学会;
2V級水系リチウム電池の充電過程における競合反応について
黒澤大輝、小室直人、伊藤智博、立花和宏、仁科辰夫,講演要旨集 (2015).


2V級水系リチウム電池スラリー充電過程における競合反応について
黒澤大輝1小室直人1伊藤智博2立花和宏2仁科辰夫2
山形大工1山形大学2

緒言筆者らは水系でリチウム電池の正極活物質使用した2Vの起電力示す水系の電池報告している本研究ではその報告受け2V級水系リチウム電池充電過程に競合する酸素発生が充電反応に対してどの程度の電流効率なのかそれが電池性能にどのような性能およぼすかまた電池性能向上させるためにどのような方策があるか検討すること目的する
実験方法活物質してLiNi1/3Mn1/3Co1/3O2用いPVDFアセチレンブラ含む炭素分散スラリーもに混練し合材スラリーしたこれアルミニウムチタン集電体に塗布したあと乾燥させ合材スラリー電極した作成した電極作用極対極Zn照極にAgCl│Ag電解液LiNO3水溶液用いた極式セル組みサイクリクボルタンメトリーよりアノード分極挙動調べた
実験結果アルミニウム集電体照極にAgCl│Agに対して1.5Vまで分極すると酸素発生の電流が観察されたにもかかわらずチタン集電体1.5Vまで分極しても酸素発生の電流は観察されなかったこのことはチタン表面酸化皮膜方が酸素過電圧が大きいかあるいは発生した酸素のガス抑制しているものと考えられる



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=377

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.