⇒#254@学会;

リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係


高塚 知行立花 和宏仁科 辰夫, 第120回講演大会 , 幕張メッセ 国際会議場(千葉市美浜区中瀬2-1) ,


【学会】リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係⇒#254@学会;
リチウム電池活物質の表面特性が粉体抵抗に及ぼす効果と電極内部抵抗の関係
○高塚知行,立花和宏,仁科辰夫,第120回講演大会要旨集 (1).



リチウム電池の電極は活物質導電助材バインダー粉体結着して構成され活物質および導電助材のバルク物性みならずその界面特性が電極内部抵抗に影響していると考えられる特に近年注目されている活物質のリン酸鉄リチウムは従来使われたコバルトリチウムなどと表面特性が異なるため合材スラリー活物質凝集制御するのに水系バインダー検討されている導電助材アセチレンブラックも水に分散しにくいため表面親水化処理が検討されているこのような粉体の表面特性の変化が粉体抵抗がどのような効果があるかまた電極構成した際に電極内部抵抗どのような影響及ぼすか検討している例は少ないそこで本研究では各種表面特性の異なるリチウム電池粉体材料粉体抵抗電極内部抵抗関係調べること目的した

表面親水化した親水性アセチレンブラックは粉体抵抗は大きな違いは見られないが電極内部抵抗は他のアセチレンブラックより小さくなったこのことは粉体抵抗の評価結果が必ずしも電極内部抵抗に直接反映しないこと意味している

本研究では粉体直接集電体に打ち込むことによってバインダーが存在しない状態の電極内部抵抗直接粉体抵抗と比較することによってアセチレンブラック表面親水化の効果について議論した

親水化したアセチレンブラック炭素同士の接触抵抗低減するが活物質との接触抵抗増大するようだ

材料
親水化アセチレンブラック1)
LiFePO4(SLFP-PT30)2)

炭素表面処理3)
EDLCAu|高比表面親水化AB1.4M TEMABF4/PC4)

物理量粉体抵抗5)

関連講義
導電助材|導電助材6)
カーボン材料アセチレンブラック7)
アルミニウム|炭素導電助材8)

炭素材料に関する研究9)

たかつかは2010年にそれまでの研究ESR法によるバルブメタルアノード酸化皮膜酸素欠損の評価というテーマ修士論文してまとめ山形大学卒業した10)

学会120回講演大会幕張11)

関連講義卒業研究-電気化学2004,学会発表200912)



炭素表面処理の影響を調べるための試料
高塚  知行, 研究ノート, (1).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).

実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(カーボンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニ > アルミニウム|酸化皮膜|炭素導電助材,アルミニウム|炭素導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).

【学会】第120回講演大会(幕張メッセ)@千葉
立花 和宏, 研究ノート, (1).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).

(1親水化アセチレンブラック, 仁科研究室(南西側)パソコン, 立花 和宏, (2009).
(2LiFePO4(SLFP-PT30) リン酸鉄リチウム, 仁科研究室(南東側)たたみ部屋, 仁科 辰夫, (2007).
(3炭素表面処理の影響を調べるための試料
高塚  知行, 研究ノート, (1).
(4EDLC:Au|(高比表面積・親水化AB)|1.4M TEMA・BF4/PC対象.
(5粉体抵抗 x / Ω·m.
(6結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 導電助材|導電助材,電極に内在する界面
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2008).
(7実験方法 > 材料&試 > カーボン > カーボン材料(カーボンブラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(8結果と考 > 考察と討 > 電極に内 > 集電体| > アルミニ > アルミニウム|酸化皮膜|炭素導電助材,アルミニウム|炭素導電助材
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2010).
(9炭素材料に関する研究プロジェクト.
(10エネルギーデバイス材料の電気伝導性に関する研究
高塚 知行, 山形大学  物質化学工学科, 修士論文 (1).
(11【学会】第120回講演大会(幕張メッセ)@千葉
立花 和宏, 研究ノート, (1).
(12緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2009@C1,【2009年度(平成21)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2009).


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/