HOME 教育状況公表 本日
⇒#2610@講義;

  電解質

http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

この 講義 卒業研究(C1-電気化学2004〜) の単元です。 この講義(電解質)の親単元は 電解液 です。

初版

電解液溶媒溶解する塩です

有機電解液の溶液化学
(芳尾真幸、小沢昭弥. リチウムイオン二次電池−材料と応用−第二版. 日刊工業新聞社, . )
リチウムイオン次電池ではカチオンとしてリチウムイオン含まなければならない制約がありますがEDLCではその制約がないのでより大きな溶解度期待きるカチオン使うことができる

集電体アルミニウム使うとその耐食性与えるためにはッ素含むアニオン添加する必要がある

アジピン酸アンモニウム

TEMA・BF41)

1.4M TEMA・BF4/PC

テトラフルオロホウ酸テトラ‐n‐ブチルアンモニウム2)

ホウフッ化テトラエチルアンモニウム/PC

六フッ化タンタル酸リチウム3)

過塩素酸リチウム

アニオン

四フッ化ホウ酸イオン4)

六フッ化リン酸イオン5)

過塩素酸イオン6)

カチオン

リチウムイオン7)

トリエチルモノメチルアンモニウムイオン8)

テトラエチルアンモニウムイオン9)

テトラメチルアンモニウムイオン10)

溶媒

仁科・立花研究室でよく使う有機電解液

関連講義卒業研究-電気化学2004,集電体|電解液界面集電体|電解液(界面)11)

動画宇宙に行った電池12)

ピカッとさいえんす宇宙に行った電池

http://c1.yz.yam…


仁科・立花研究室でよく使う有機電解液
集電体|電解液(界面)
宇宙に行った電池

関連の展示品

参考文献書籍論文URL

課題



<li> <article> Japan Science and Technology Agency. <q><cite> 電解質 </q></cite>. 山形大学,  <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Syllabus.asp?nSyllabusID=11063'> 卒業研究(C1-電気化学2004〜) <a/a> 講義ノート, 2017. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2610'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2610 </a> ,  (参照 <time datetime="2018-10-22">2018-10-22</time>). </article> </li>

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@Lecture.asp?nLectureID=2610

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3753
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2018 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.