HOME 教育状況公表 本日
⇒#600@レビュー;

大衆消費社会を支える「モノ」とグローバリゼーションと地球環境問題

宮崎正勝. モノの世界史 . 原書房,.

参照元

講義ノート


出典・引用元

レビュー】大衆消費社会を支える「モノ」とグローバリゼーションと地球環境問題⇒#600@レビュー;
宮崎正勝. モノの世界史. 原書房, 2002. .

引用・概要・要約・抄訳

大衆消費社会支えるモノグローバリゼーションと地球環境問題

 部品互換で作られたマスケ大量生産システム

 バイソンは滅ぼされ西部大平原は食肉業に制覇された

 ゴールドラシュと世界に広まったジーンズ

 鋼鉄内燃機関電気の出現とビジネス

 世界最大の民族移動タイタニ号の登場

 電灯と都市システムに組み込まれた電気エネルギー

 大衆消費社会シンボルとなった自動車

 鉄道蒸気船が支えた郵便システムアメリカ育てた電話システム

 国民形成に貢献したラジオ

10 大衆音楽ジャズレコード

11 超高層ビル摩天楼可能にしたエレベーター

12 世界制した通貨ドル

13 人類に大きな課題与えた原爆原子力発電所

14 国境越え世界結んだテレビ

15 冷蔵庫の普及と破壊されるオゾン

16 地球挙に狭くした飛行機ジェット機

17 世界商品となったハンバーガーコーラ

18 インターネットは地球つなぐ

モノの世界史目次

モノ世界史目次

モノ世界史刻み込まれた人類の歩み

自然のなかから人間姿現す

都市が形成されて人間ーク複雑となり新しい装置モノからなる文明が誕生した

ユーラシア諸地域世界の様々な文明彩ったモノ

イスラム帝国モンゴル帝国下でのユーラシア規模の文明交流

大航海時代と姿現す世界資本主義の時代に新旧大陸行き交ったモノ

ヨーロの勃興演出したモノ

一九世紀ヨーロ都市膨張都市生活生み出したモノ

大衆消費社会支えるモノグローバリゼーションと地球環境問題


出典:
モノの世界史(目次)
(宮崎正勝. モノの世界史. 原書房, . ) 1)


書評・注釈・コメント

関連講義

無機工業化学,自動車と自動車部品自動車と自動車部品(2007)1)

無機工業化学,自動車工学@無機工業化学2)

関連書籍


科学技術振興機構. 参考文献の役割と書き方. 科学技術情報プラットフォーム. https://jipsti.jst.go.jp/sist/pdf/SIST_booklet2011.pdf, (参照).

著者名. 書名. 版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数, (シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.


1.著者名
2.書名
3.版表示, 出版地, 出版者, 出版年, 総ページ数,
版表示は2版以降の場合に記述し、初版では省略します。
出版年は西暦で記述します。
ページ数の後に「p.」を付加して、総ページ数であることを示します。
4.(シリーズ名, シリーズ番号), ISBN.
シリーズ名・シリーズ番号の「(日本の<現代>,第9巻)」とISBNの 「ISBN4-7571-4100-9」は任意記述項目ですので、省略可能です。


<li> <a target="_blank" href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=600"> 大衆消費社会を支える「モノ」とグローバリゼーションと地球環境問題 </a> <br/> 宮崎正勝. <cite> <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookRequest.asp?nBookRequestID=134"> モノの世界史 </a> </cite>. 原書房, ( <a href="https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=600"> 参照 2007-11-19 </a> ) . </li>


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/@BookReview.asp?nBookReviewID=600

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.