アレニウスプロット

165017001750180018501900195020002050600500400300200 1/ 温度 T / K log( 速度定数 k / )
アレニウスプロット
項目 物理量
横軸温度 T /K
縦軸 速度定数 k /
傾き
切片
面積
パラメータ
ノルム
速度論において温度1)速度定数2)の関係調べるプロットです速度定数対数温度逆数に比例しその勾配は活性化エネルギー3)が含まれます切片が頻度定数と呼ばれます4)

反応速度と反応機構5)
反応速度6)

高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > スヴァンテ・アレニウス,科学者・学者・医者
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1859).

(1温度(tempretureT [ケルビン].
(2速度定数(Rate Constantk [].
(3活性化エネルギー(Activation EnergyE [ジュール].
(4高等学校 > 高校歴史 > 人物 > 科学者・ > スヴァンテ・アレニウス,科学者・学者・医者
仁科 辰夫,電気化学の庵, 講義ノート, (1859).
(5 > 反応速度と反応機構
井上 勝也 著, 現代物理化学序説 改訂版, 培風館, (1981).
(6 > 反応速度
P. W. Atkins [著]/千原秀昭, 稲葉章訳, 物理化学要論, 東京化学同人, (1998).

QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/PlotType/@PlotType.asp?nxyPlotTypeID=5


このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.