🏠
🌡️ 📆 令和4年12月4日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【実験】グラファイトとアセチレンブラック

⇒#596@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

http://c1.yz.yamagata-u.ac.jp/

【試料】
アセチレンブラック(基準試料)1)

LiBF4/PC+DME中におけるクロノアンペロメトリー2)でアルミ/炭素3)打ち込み電極を評価。

グラファイトに比べ、アセチレンブラックの方が表面積が
大きいのにもかかわらず最終的な電流値が減少した。
アセチレンブラックの方が炭素/電解液界面での溶媒の酸化分解が起こりにくいと考えられる。

○佐藤幸裕・…らは、2001年に兵庫県神戸市で開催された電気化学会第68回大会において炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動について報告している4)。

【関連書籍】炭素材料はどうやって作る?5)

【関連講義】
卒業研究(C1-電気化学2004~),カーボン材料(アセチレンブラック系)6)
卒業研究(C1-電気化学2004~),カーボン材料(グラファイト系)7)



実験方法 > æ¸¬å®šã¨è©• > ã‚¯ãƒ­ãƒŽã‚¢ãƒ³ãƒšãƒ­ãƒ¡ãƒˆãƒªãƒ¼,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動
○佐藤幸裕・立花和宏・遠藤孝志・仁科辰夫,電気化学会第68回大会講演要旨集 (2001).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™ï¼ˆã‚¢ã‚»ãƒãƒ¬ãƒ³ãƒ–ラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™ï¼ˆã‚°ãƒ©ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒˆç³»ï¼‰,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

(1アセチレンブラック(基準試料), 仁科研究室(南西側)パソコン, 仁科 辰夫, (2009).
(2実験方法 > æ¸¬å®šã¨è©• > ã‚¯ãƒ­ãƒŽã‚¢ãƒ³ãƒšãƒ­ãƒ¡ãƒˆãƒªãƒ¼,測定と評価
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(3実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™,材料&試料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4炭素導電助材を圧着したアルミニウム電極を用いたリチウム二次電池駆動用電解液の分解挙動
○佐藤幸裕・立花和宏・遠藤孝志・仁科辰夫,電気化学会第68回大会講演要旨集 (2001).
(5 > ç‚­ç´ ææ–™ã¯ã©ã†ã‚„って作る?
大谷杉郎, 炭素・自問自答, 裳華房, (1997).
(6実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™ï¼ˆã‚¢ã‚»ãƒãƒ¬ãƒ³ãƒ–ラック系),カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).
(7実験方法 > ææ–™ï¼†è©¦ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ > ã‚«ãƒ¼ãƒœãƒ³ææ–™ï¼ˆã‚°ãƒ©ãƒ•ã‚¡ã‚¤ãƒˆç³»ï¼‰,カーボン材料
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2007).

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=596


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2022 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.