🏠
🌡️ 📆 令和5年2月4日
◀ 戻る 進む ▶

🗒️ 【技術報告】分散キャンパスを活用した複数ISP接続によるeduroamアクセス回線の冗長化について

⇒#1645@研究ノート;

日時
関係者(共同研究者)

https://upki.yamagata-u.ac.jp/eduroam/

分散キャンパスを活用した複数ISP接続によるeduroamアクセス回線の冗長化について

分散キャンパスを活用した複数ISP接続によるeduroamアクセス回線の冗長化について、まとめた。詳細については、www.eduroam.jpのホームページに掲載されています。

【概要】
eduroamにおけるアクセス回線は、規定されていないが、契約電子ジャーナルなどの認証がIP認証であることから、大学に所属する教職員や学生からのアクセスとeduroamを経由したゲストからのアクセスを分離・識別したいという要求がある。これらの問題は、2011年度より開始されたSINET4におけるeduroamアクセスネットワークの収容によって解決が可能になった。以前より、山形大学でも同様の問題があり、商用ISPによるアクセス回線の確保によって、問題解決を行った。商用ISPを利用した場合、追加費用の発生やeduroamの利用エリアを拡大するにつれて利用者の増大による帯域の不足などの問題が生じたため、2011年4月に、SINET4のeduroam用アクセス回線への切替を行った。2011年3月11日に発生した東日本大震災以来、大規模災害や大規模停電を想定したバックアップ回線の確保が必要不可欠であると考えられる。山形大学は50km以上離れた場所に複数のキャンパス(山形市、米沢市、鶴岡市)を有する分散キャンパスであるため、複数キャンパスから複数のアクセス回線を確保し、eduroamのアクセス回線を冗長化することを試みたので、報告する。

【謝辞】
IPv4/IPv6 ネットワークを提供していただきましたJGN2plus1) およびWIDE プロジェクトの皆様に深く感謝申し上げます。

eduroam-JP: http://www.eduro…
詳細資料:http://www.eduro…

【関連】
複数ISPによる負荷分散・冗長化サーバシステムの研究2)



 > ï¼ªï¼§ï¼®ï¼’plus ,
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).

(1 > ï¼ªï¼§ï¼®ï¼’plus ,
仁科 辰夫,サイバーキャンパス「鷹山, 講義ノート, (2008).
(2複数ISPによる負荷分散・冗長化サーバシステムの研究プロジェクト.

表器具・消耗品(履歴)
履歴ID概要
表サンプル(履歴)
履歴ID概要
表装置(履歴)
履歴ID概要

図   1 375 🖱 テキスト画像変換

テキストは、文字コードの羅列です。 文字コードを 表示や印刷するには、フォントを使って画像にします。


QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Laboratory/LaboNote/@LaboNote.asp?id=1645


山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16
3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2023 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.