HOME 教育状況公表 本日
⇒#500@卒論;
2013 卒業論文

正極内部抵抗から見るリチウムイオン二次電池正極材料の最適な組み合わせ

山形大学  物質化学工学科  仁科・立花研  09512024  小野寺 伸也

卒業論文、修士論文、博士論文 2012 2013



正極内部抵抗から見るリチウムイオン次電池正極材料の最適な組み合わせ
リチウム電池の正極活物質の種類がアルミニウム集電体炭素導電助材接触抵抗及ぼす影響
活物質の種類がアルミニウム|炭素材料の接触抵抗に及ぼす影響


リチウム電池の正極においてアルミニウム集電体炭素導電助材接触抵抗低減は電池の内部抵抗小さくしてレート特性向上できると同時に過充電抑制の効果が期待できるそのためアルミニウム集電体炭素材料アンダーコートするなどの方法がとられてきたしかしながら合材に含まれる活物質の種類がアルミニウム集電体炭素導電助材接触抵抗へ与える影響について分に解明されているとは言えないそこで本研究では合材に含まれる活物質の種類変えてそれがどのようにアルミニウム集電体炭素導電助材接触抵抗影響与えるか調べること目的した

電池討論会

LCOLTO
LMO

物理量接触抵抗1)

関連講義
卒業研究-電気化学2004,2012年度平成24卒業研究2)
卒業研究-電気化学2004,マンガンリチウムスピネル3)
卒業研究-電気化学2004,事業系廃棄物の出し方について4)
山形大学工学部,廃棄物の処理5)
技術者倫理,歴史と事例に学ぶ〜先人たちの足跡〜20116)



緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).

実験方法 > 事業系廃棄物の出し方について,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).

実験・実 > 廃棄物の処理,実験・実習における安全の手引
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).

技術者倫 > 未来へ向けて〜ヒトという種の存続のために〜(2011),技術者倫理(2011)
立花 和宏,技術者倫理, 講義ノート, (2011).

(1接触抵抗 R / Ω·m².
(2緒言(C > C1履歴 > 【2012年度(平成24)卒業研究】,C1履歴
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(3実験方法 > 材料&試 > 活物質 > 正極活物 > マンガン酸リチウム(スピネル),正極活物質
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2006).
(4実験方法 > 事業系廃棄物の出し方について,実験方法(C1)
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2011).
(5実験・実 > 廃棄物の処理,実験・実習における安全の手引
仁科 辰夫,山形大学工学部, 講義ノート, (2007).
(6技術者倫 > 未来へ向けて〜ヒトという種の存続のために〜(2011),技術者倫理(2011)
立花 和宏,技術者倫理, 講義ノート, (2011).


実験方法

工学部の場合、モノヅクリの研究論文ですから、準備するもの、作成手順、そして評価と述べてゆきます。評価だけの論文はあまりよくありません。 できるだけエコ研究・DIYを目指しましょう。

準備するもの

サンプル 履歴

作成手順

消耗品履歴

評価の方法

装置使用履歴

結果と考察

物理量起電力E〔V〕など)には 単位を示しましょう。本文中に示すときは、量名と記号を示し、〔〕で単位を示します。グラフの軸や表中では、物理量を単位で割って数値のみを示しましょう。

研究ノート

グラフ、写真)、表などを活用しましょう。

図や表には図題(キャプション)や表題をつけます。 説明にはひとつの段落を使います。

参考文献書籍雑誌口頭発表 ・URL)

<li> <article> 小野寺 伸也. <q><cite> 【学会】電気化学会@宮城県仙台市 </q></cite>. 山形大学 物質化学工学科 ,卒業論文, 2013. <a href='https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=374'> https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Thesis.asp?nThesisID=374</a>, (参照 <time datetime="2018-10-21">2018-10-21</time>). </article> </li>


卒業論文 ©Copyright  2013   小野寺 伸也,  山形大学  All rights reserved.