HOME 教育状況公表 本日
⇒#80@学会;

有機電解液を用いた電解エッチングによるバルブメタル表面の粗面化


立花和宏,○韮澤雄二,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 平成13年度化学系7学協連合東北地方大会 , 鶴岡,


学会】有機電解液を用いた電解エッチングによるバルブメタル表面の粗面化⇒#80@学会;
有機電解液を用いた電解エッチングによるバルブメタル表面の粗面化
立花和宏,○韮澤雄二,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明,平成13年度化学系7学協連合東北地方大会講演予稿集, p.139  (2001).


有機電解液用いた電解チングによるバルブメタル表面の粗面化

にらは2002年にそれまでの研究有機電解液用いた生体材料金属の電解チング法の開発というテーマで卒業論文としてまとめ山形大学卒業した有機電解液を用いた生体材料金属の電解エッチング法の開発1)

電解法による酸化皮膜目次電解法による酸化皮膜(目次)2)

鶴岡キャンパス3)

タンタルニオブ

特許特願2001-261247 タンタル又はニオブ材料の粗面化方法4)


(1有機電解液を用いた生体材料金属の電解エッチング法の開発
韮澤 祐司, 山形大学  物質化学工学科, 卒業論文 (2002).
(2 > 電解法による酸化皮膜(目次)
馬場宣良, 電解法による酸化皮膜, 槇書店, , (1996).
(3鶴岡キャンパスキャンパス
山形県鶴岡市若葉町1-23.
(4特許特願2001-261247 タンタル又はニオブ材料の粗面化方法
立花和宏、尾形健明、仁科辰夫、遠藤孝志、坂本裕輔、松橋大輔、韮澤祐司、鈴木雄一, 特許特願2001-261247, (2001).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=80

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.