HOME 教育状況公表 本日
⇒#72@学会;

リチウム二次電池駆動用電解液中における正極集電体の皮膜絶縁性


○佐藤幸裕,立花和宏,遠藤孝志,仁科辰夫,尾形健明, 2001年電気化学秋季大会 , 東京理科大学神楽坂キャンパス,



水分の影響について報告したのち1、LiClO4,LiPF6,LiBF4/PC+DMEでアルミニウムを定電位保持すると、漏れ電流が一番大きいのはLiClO4。アルミニウムタンタルニオブをLiClO4で比較すると、漏れ電流が一番大きいのはアルミニウム

アルミにまざった不純物ではが一番リーク電流が少ない。● Cu100ppmを含むAl 、熱処理がアルミニウムの不働態皮膜の絶縁性を向上させた。

(修士論文)2

ルミ34


(1リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-水分の影響-
立花和宏,○佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志, 2000年電気化学秋季大会, (2000).
(2リチウム二次電池正極劣化の機構解明と抑制
佐藤 幸裕, 修士論文, No.99999, (2002).
(3リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-皮膜生成機構-
○立花和宏,佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志,小野幸子, 2000年電気化学秋季大会, (2000).
(4リチウム電池駆動用電解液中でのアルミニウムの不働態化-水分の影響-
立花和宏,○佐藤幸裕,仁科辰夫,遠藤孝志, 2000年電気化学秋季大会, (2000).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=72

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.