HOME 教育状況公表 本日
⇒#64@学会;

リチウム二次電池正極活物質に電解液が及ぼす影響の迅速評価


立花和宏,○鈴木智統,遠藤孝志,仁科辰夫, 平成12年度化学系7学協連合東北地方大会 , 秋田,



クエン酸錯体法で作った電極使ってリチウム次電池正極活物質に電解液が及ぼす影響の迅速評価について検討した

リチウム次電池正極集電体にはアルミニウムが用いられているそこで実際の電池で起こりうる副反応として考えられる集電体のアルミニウムの腐食起こすためにアノード分極処理行いその電解液もちいて正極活物質に及ぼす影響検討した

クエンディ法で作成したLiMn24薄層電極は100mV/sという高速掃引時においても電池性能評価できる電解液中に存在するAlイオン電解液分解生成物が電池反応特に放電反応阻害していると考えられるアニオン種類違うと活物質に与える影響も異なる

平成12年度化学系学協会連合東北地方大会秋田県1)

さくりんは2003年にそれまでの研究電気エネルギー貯蔵デバイスにおける集電体金属表面の接触抵抗の解析というテーマで修士論文としてまとめ山形大学卒業した2)


関連講義卒業研究-電気化学2004,学会発表20003)



【学会】平成12年度化学系9学協会連合東北地方大会@秋田県
立花 和宏, 研究ノート, (2007).

緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2000@C1,【2000年度(平成12)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2000).

(1【学会】平成12年度化学系9学協会連合東北地方大会@秋田県
立花 和宏, 研究ノート, (2007).
(2電気エネルギー貯蔵デバイスにおける集電体金属表面の接触抵抗の解析
鈴木 智統, 修士論文, (2003).
(3緒言(C > C1履歴 > 【200 > 学会発表2000@C1,【2000年度(平成12)卒業研究】
仁科 辰夫,卒業研究(C1-電気化学, 講義ノート, (2000).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=64

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.