HOME 教育状況公表 本日
⇒#366@学会;

同一組成を持つリチウム電池正極合材と集電体の接触抵抗にスラリーの調整条件が及ぼす影響


伊藤知之,鈴木健太,伊藤智博,立花 和宏,仁科辰夫, 2014年電気化学秋季大会 , 北海道大学高等教育推進機構,
/amenity/~host/yz/c1/index.asp


【学会】同一組成を持つリチウム電池正極合材と集電体の接触抵抗にスラリーの調整条件が及ぼす影響⇒#366@学会;
同一組成を持つリチウム電池正極合材と集電体の接触抵抗にスラリーの調整条件が及ぼす影響
伊藤知之,鈴木健太,伊藤智博,立花 和宏,仁科辰夫,電気化学秋季大会講演要旨集, 251 (2014).


組成リチウム電池正極合材スラリー調整条件よって合材と集電体の接触抵抗に影響与える具体的には分散剤のNMP溶液にCNT→LCOの順で作成したスラリー用いた電池の内部抵抗は8kΩであった分散剤NMP溶液LCO→CNTの順で作成したスラリー用いた電池の内部抵抗は4kΩであった

学会小野寺伸也,…らは2014年に北海道大学高等教育推進機構で開催された2014年電気化学秋季大会においてカーボン材料の立体構造活かしたLiFePO4正極合材スラリー設計ついて報告している1)


物理量内部抵抗2)

研究ノート電気化学北海道札幌3)



カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計
小野寺伸也,宇野達哉,瀬尾和彦,伊藤智博,川井貴裕,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2014).

〆:電気化学会@北海道札幌市
立花 和宏, 研究ノート, (1).

(1カーボン材料の立体構造を活かしたLiFePO4正極合材スラリーの設計
小野寺伸也,宇野達哉,瀬尾和彦,伊藤智博,川井貴裕,立花和宏,仁科辰夫,講演要旨集 (2014).
(2内部抵抗 R / Ω.
(3〆:電気化学会@北海道札幌市
立花 和宏, 研究ノート, (1).



QRコード
https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/Asp/Youzan/Academic/@Meeting.asp?nMeetingID=366

SSLの仕組み

このマークはこのページで 著作権が明示されない部分について付けられたものです。

山形大学 データベースアメニティ研究所
〒992-8510 山形県米沢市城南4丁目3-16 3号館(物質化学工学科棟) 3-3301
准教授 伊藤智博
0238-26-3573
http://amenity.yz.yamagata-u.ac.jp/

Copyright ©1996- 2019 Databese Amenity Laboratory of Virtual Research Institute,  Yamagata University All Rights Reserved.